2017年02月10日

2017年2月アイテム再生産情報!!!!



毎度お久しぶりでございます。
相も変わらず大変に忙しく、しかしながら楽しくミシンを踏む生活をしております。
どうもアノニマスでございます。

長い修行を終えx115xTAYLORも職人がまた一人増えまして、現在自分を含めて3人体制にて作業を行うまでになりました。
新製品のデザイン/設計/開発や複雑なオーダーメイド系を私アノニマスが、量産アイテムやこれをベースとしたオーダーメイドを二人の職人が主に担当する形となっております。
誰が仕立てを担当するかによって完成までのお時間にかなりばらつきがございます。
アノニマスにしかできないような複雑なオーダーメイドは相変わらずめちゃめちゃな納期ですが、量産品を中心とした生産能力はかなりアップしてまいりました。
オンラインショップ上で品切れになっているようなアイテムなどもご一報いただけましたらすぐに再生産できる場合がございますのでお気軽にご相談ください。


生産能力もアップし、色々なアイテムが再生産できました!
本日はそういった再生産アイテム達をご紹介させていただきます!
写真多めとなっております。
最後までお付き合いいただけましたら幸いでございます。




久しぶりの再生産でございます!!

x115xTAYLOR製
SNEAK HOOD Mod.3 Block.2 スニークフード モデル3 ブロック2
FLOODED TIMBER  フローデッドティンバー
3Dリーフカモフラージュマテリアル使用
Mサイズのみ
¥24.840 

銀行振り込みにてご注文いただきましたお客様には、なんと専用のスニークポーチRGカラーをプレゼント!!

ご注文はこちらから!!弊社オンラインショップ

頑張って仕立てました!!

息の長い弊社看板アイテムのひとつ。
あまりの迷彩効果に自分と仲間が戸惑う事もしばしば、、

余談なのですが、自分はナイロン装備や衣類の迷彩効果をそれほど重要視しません。
むしろ自分的にそのとき着たいと思えるカッコイイスタイリングかどうかを一番重要視します。
例えば森で黒着たっていいじゃないですか、本気で消えたい隠れたいと思ったときは上からスニークフード羽織っちゃえばOKです。
小さく丸めて毎回ゲームにもっていっておけば必要に応じて野外フィールドでほぼ最高レベルの迷彩効果が羽織るだけで得られちゃう、これってかなり便利です。
本気でサバイバルゲームしたい方にはもちろんお勧めのアイテムですが、逆説的に装備を色々着たりスタイリングしたりするのがお好きなお洒落系着道楽の貴方にこそお勧めしたいのがスニークフードです。
好きな装備を着てゲームにいって、
「うん気が変わった!隠れたい!」
と思ったらさくっと羽織っちゃいましょう。

自分はゲームがあまり上手ではないので、上手な方がたくさん来ていらっしゃる日のゲームなんかはよくわからないうちにボッコボコにやられてしまってイマイチ楽しめない事もあります笑
そんな時は腰につけたポーチからスニークフードを引っ張り出して羽織ります。
とりあえず着ればわけもわからずヒットをとられて早々にセーフティに帰るようなことはなくなります。
結構近い距離で相手プレイヤーとコンタクトして
「やばい!目が合った!やられる!」
と思ってもそのまま素通りしていったり、自分から丸見えなバリケードに腰をおろしたり、、
「見えていなかったのか。。。」
プレデター1の泥まみれのシュワちゃんみたいな気持ちになります。


めちゃくちゃゲームが上手な人がスニークフードを着たらと思うと、おそろしいですね笑



フードは改修を重ね、フード口のおおきさとかぶりの深さをそれぞれ独立した機構で調節できるようになっております。
パーツ点数も増え、複雑な機構になったため仕立てるのが大変ですがニットキャップでもヘルメットでもベスポジでフードをかぶれるように調節できるとても優秀なフードになりました。



今回の特典、スニークポーチRG色です。
モール対応になっておりますので装備に付けてスニークフードをゲーム中いつでも持ち歩けます。







こちらも説明不要の(でもしたい)弊社渾身の一着



x115xTAYLOR製
XP10 PLATE CARRIER [STANDARD SETTING]
SOLID BLACK
MULTICAM BLACK
専用スイマーカットダミープレート付属 SM兼用サイズ
¥92.880

お求めはこちら!!弊社オンラインショップ

受注生産の体制をとっていくつもりだったのですが、各1着ずつ即納できるように仕立てました!
仕立てるのにかなりの時間がかかってしまう為、一旦完売すると復活まで相当間が空いてしまいます。
ちなみに作業は裁断から縫製まで100%アノニマスが担当しております。(納期がー)


やや小柄な(日本人体系の)マネキンさんが着てこのコンパクトさです。
ひと目見ればわかる世界中のどのプレートキャリアともまったく似ていない規格外なデザイン!
現状プレートキャリアの機構とデザインに関してやってみたい事はほぼ詰め込めたデザインなのでこれ以上このデザインの方向性でできる事といえばユニット式の各種オプションパーツを増やす事ぐらいでしょうか。


コンパクトに、それでいて一定の密度を保ったまま背中を包み込んでいくバックパネルとカマーバンド、ショルダーストラップ。
後姿にもアノニマスの情念がこもっております。




独特なマガジンポーチユニット。
リップ部分が台形にせりあがっておりますが、これちゃんと意味がございます!

一般的にオープントップのマガジンポーチはすばやく片手でマガジンをドロウできてとっても便利ですが、、
片手でさくっと戻せる(挿せる)ポーチとなるとなかなか無いですよね。マガジンを挟むテンションが強すぎたり、バンジーコードが邪魔だったり、、
x115xTAYLORでは空マガジンは戻せるときはポーチに戻すスタイルを推奨しておりましてその為にも片手でしゅっと戻せるポーチが必要で
研究した結果このような独特な台形にせり出したリップをもったポーチ形状になりました。

このマガジンポーチの台形のリップ部分にマガジンの頭を添えて、そのまま押し込みながら靴べらの要領で滑り込ませる事でしゅっとマガジンをポーチに戻せます。
慣れれば視線を落とさず華麗にノールックでマガジンをポーチに戻せちゃいます。
またマガジンポーチにはエラスティックドローコードによるテンション機構がついておりますが、このテンションがマガジンを戻す際に引っかかりを生まないよう、ポーチの表面に樹脂製のシートを縫いこんであります。
エラスティックドローコードは樹脂シートを介して面でマガジンを抑えているのできつすぎず、ゆるすぎない絶妙なテンションでマガジンを保持できます。

マガジンポーチユニットのベース面側にも樹脂性シートを縫込み、ポーチ表面側としっかり挟み込める構造となり抜群のホールド感!!

さらに、マガジンポーチのベース面側にスリップレジスト(滑り止め)シートを配しました。マガジン挿すとき、抜くとき、この滑り止めがレザーホルスターに銃を納めるときのような「ぬっ!!」としたしっくり感!!

オープントップマガジンポーチにはこれ以上もうなにもすることがないっす!!というくらいめちゃくちゃ鬼のように作りこんだのがこのマガジンポーチユニットです。




ショルダーパッドは外側半分を切り欠きがあるデザインとし、各種無線コード類やアンテナ、スリングさらにショルダーアーマー(現在はプランのみですが)の基点としてこの切り欠きを有効に使う事ができます。





組み立てるとモールがないデザインのせいもあって非常にすっきりスリックで塊り感があるXP10ですが、実際にはかなりたくさんのパーツに分かれて作られております。
各パーツを作り変える事で発展する余地があります。
ガンダムセンチネル育ちなものでユニット換装に言い知れぬ高揚感が、、



こちらはマルチカムブラック仕様。
ただでさえ手間がかかるXP10ですがマルチカムなど柄パターンがある生地を使用する場合、表面に出る部分はバランスよく美しく柄が出るように柄を選びながら裁断しております。


側面から。
スタンダードセッティングでは脇下がかなりすっきりしますので、ベルトキット着用の際に腰側面のホルスターやマガジンポーチなどと相性がよく装備の分散配置に適したセッティングとなっております。




カマーバンド部分などに使用しているウェビングは、プリントではなく生地を5センチにスライスしてリボンと折り重ねて縫製した手巻きウェビングを使用しています。
この手巻きウェビングの柄が美しい部分だけをえらんで使用します。贅沢!!






手巻きウェビングつながりでこちらも再生産いたしました!!


x115xTAYLOR製 MADE IN NIPPON
P642 PLATE CARRIER GEN2
MULTICAM BLACK 再生産!!
RANGER GREEN
BLACK
COYOTE BROWN
TAN499
NATURAL GEAR 初登場!!
専用Sサイズダミープレート付属
¥43.120

お求めはこちらから!!弊社オンラインショップ

XP10ほどデザインにインパクトはありませんが、
在るべき場所に有るべきディテールがある非常に正統的なつくりをしたプレートキャリアがP642です。
詳しくお話しすることはできませんが、プロフェッショナルな方々から多くリクエストをいただくのもこのP642シリーズです。
ベーシックでマガジンが3本しっかり収まり、フルモール、ショルダーパッド、アジアンフィットなサイジング。
CRYE JPCからLBT 6094までの間の部分をバランスよく補完する優秀なプレートキャリアです。
完全なる国産プレートキャリアですので今盛り上がっているご当地LE装備な方にもかっこよく着ていただけたら嬉いなと妄想しております。



CRYE JPC型のスケルトンカマーバンドに着脱式のサイドプレートポーチがセットされています。



手巻きウェビングの柄厳選の効果で、きれいにマルチカムブラック柄が出ます。




さらにさらに手巻きウェビングつながりでこちらも再生産!!
(30メートルぐらいひたすら折り伏せては縫いを繰り返すのですが一気にマルチカムブラックアイテムを色々再生産するとすぐになくなっちゃいます)





x115xTAYLOR製 MADE IN NIPPON
C1306 CHEST RIG
BLACK 500D
CYOTE BROWN 500D
RANGER GREEN 500D
MULTICAM BLACK 500D 再生産!!
MULTICAM
Natural Gear 500D

¥30.240

お求めはこちらから!! 弊社オンラインショップ

C1306チェストリグは、x115xTAYLORの新しいコンセプトのチェストリグです。
近年ではデバイスの進化や戦闘方法の変化で機動性を重視するガンファイトが主流となってきました。
それにともなって大量のマガジンを携帯するような大容量のチェストリグよりも、携帯する弾薬は動きを妨げないよう必要最小限にとどめ、ツール・ライト・メディカル・ラジオなど必要最小限の装備を軽量かつコンパクトに携帯できるチェストリグが必要とされるようになりました。
x115xTAYLORでもこういった最新のガンファイトに対応すべく研究とデザインを行いC1306が完成いたしました。
昨今のオールインワン型コンパクトチェストリグはポーチ類がすべて縫い付けで換装不可能なものが一般的ですが、C1306はピストルマガジンポーチとユーティリティポーチをモール着脱式とすることで、ユーザーに合わせてセッティングをカスタマイズする自由度を備えています。

・M4マガジンを3連で収納できるオープントップマガジンポーチ
・PRC148/152を収納可能なラジオポーチ(簡易的にマガジンポーチとしても使用可能です)
・モール式で着脱可能な9mm2連ピストルマガジンポーチ
・モール式で着脱可能なユーティリティポーチ
・米国より輸入した実物軍用資材を使用し、都内のx115xTAYLOR自社アトリエで自社生産を行っております。




幅や高さを抑えた設計ながら、ぎゅっと詰まった密度のあるデザインがC1306の特徴となっております。




背面は弊社が研究の末に導き出したフィット感と動きやすさを両立したバタフライハーネス!
左右のハーネスをDカンを介してエラスティック(ゴム)バンドでつなぐ事で伸縮性と角度の自由度があり着用者の体系や姿勢にあわせてフィットします。




表面のユーティリティポーチとピストルマガジンポーチはモール着脱式で取れます。
あまりにぴったり乗っているので触っても気が付かない方がいらっしゃたりします笑
位置を入れ替えたりはたまた市販のポーチを足したり、、同じカテゴリーのヘイリーD3チェストがすべてのポーチを縫い付けにしているのに対してC1306では着用者がカスタマイズする余地があります。




現在はカラーラインナップも充実!!
いっぱい仕立てました!!





本日最後のご紹介!!



x115xTAYLOR製
C15 MULTI MISSION CHESTRIG
BLACK 500D
RANGER GREEN 500D
BACK WOOD 600D
MULTICAM500D NEW!!!!
¥28.080
Rifle mag×3
Pistol mag×3
Redio×2

ご注文はこちらから!! 弊社オンラインショップ

ライフルサイズのマガジンは大体なんでも収まるとっても便利なチェストリグ!
このたび新たにマルチカムがラインナップに加わりました。
巷の装備がAR用ばっかりでモヤモヤしていた貴方の為に仕立てました!!
それぞれのライフルマガジンポーチの表面にピストルマガジンポーチを三連でレイアウト。
その左右にラジオポーチをレイアウト。
なかなかデュアルラジオ装備をされる方はいらっしゃらないとおもいますが(でも自分は超カッコいいとおもいますデュアルラジオ装備)
利き腕側のラジオポーチにはピストルを突っ込んで簡易ホルスターにする使い方がお勧めです。



私アノニマスもBLACKを愛用しております。
SCAR-Hがマイブームなものでさっくり3本収まるC15は本当に使い勝手がよいです。
時々AKが使いたくなるのでそんな時の為にも一着あると便利ですね。





こちらがその時のセッティング開き。
あえて越し回りに何もつけず、戦闘装備をリグだけに集約したスッキリ装備としました。
ベルトキットやホルスターがないので装備が小さくなり、ゲームの行き帰りもらくらくです(ただ銃はめっさ重い笑)




ラインナップはこれで4色展開となりました!
あとコヨーテブラウンを加えてフルラインナップといったところでしょうか。




おおぉ、、
今回はめちゃめちゃ長いブログになってしまいました。
お付き合いいただきました皆様、お時間頂きありがとうございました。

x115xTAYLORが仕立てた渾身の装備達を貴方のお気に入りに加えていただけましたら光栄でございます。

それでは皆様、ごきげんよう。







  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:17Comments(1)MANUFACTUREEQUIPMENT STYLINGNEW PRODUCT

2016年09月15日

新製品情報!!



暑い暑い夏を越えると、アノニマスはまたひとつ歳をとります。
運動してもなかなか脂肪がとれません、疲れもとれません。
どうも、34になったアノニマスでございます。
こんな夜更けにこんばんわ。


久々のブログ更新!!
本日は新製品のご案内でございます。
相も変わらずながいお話となりそうです。お時間の許すあなた様、お付き合いいただけましたら幸いでございます。

それではまいりましょう!!





よりシンプルなセッティングになって再生産いたしました!しかも秋の新色登場です!
x115xTAYLOR製
XP10 PLATE CARRIER [STANDARD SETTING]
MULTICAM BLACK500D×BALLISTIC NYLON1680D
SOLID BLACK500D×BALLISTIC NYLON1680D
専用スイマーカットダミープレート付属 SM兼用サイズ
¥92.880

なんじゃこりゃ!とお思いのあなた様、こちらをお目通しいただけましたらバッチリです。
ブログバックナンバーXP10 PLATE CARRIER


発表以来かなり反響をいただいておりましたXP10、海外のディーラーさんからも問い合わせいただいたりしておりまして大変驚いております。
「OOのゲームフィールドで着ている人を見た!!」みたいな目撃情報をちょいちょいいただきます。
まだ世に出たXP10は両手で収まるほどの数なので、そのうち何着かの目撃情報となるとやっぱり目に付くアイテムなんですね~!
う、うれしい、、、

XP10オーナーの皆様、見られてます。もっと見られちゃってください。

小話はさておき、今回再生産に当たってセッティングを改めましたので、その辺も含めてご紹介させていただきます。



今回発売するスタンダードセッティングは以下のセット内容となっております。
*前面/背面パネル
*ショルダーストラップ
*ショルダーパッド
*カマーバンド
*サイドパッド(脇用)
*マガジンポーチユニット(AR用オープントップ2連)

最初の販売分のAN3セッティングが両脇にラジオ/マルチコンパートメントポーチと6×6サイドプレートポーチを備えたセットだったのに対して今回のスタンダードセッティングは脇部をシンプルなサイドパッドのみとしました。
パーツ点数が減った分、AN3セッティングよりもリーズナブルになっております。
カマーバンドの構造自体は同じものなので、後にラジオ/マルチコンパートメントポーチなどを追加する事も可能でございます。

XP10は各部を極端にユニット化して設計しているので、セッティングにかなり自由度があって少年ゴコロがくすぐられてしまうところですが、ひとまず今後生産する際はこのスタンダードセッティングを中心にして、必要に応じて追加パーツをオーダーいただくようにしようと考えております。






XP10のシンボルカラーとなったマルチカムブラックに加えて、今回初の新色ソリッドブラックが登場です。
マルチカムブラック仕様ではあえてTAN系を使用していたバックル類もソリッドブラックではすべて黒で統一し、胸部バリスティックナイロンのダークグレーとマテリアルのブラックでダークな2トーンカラーとなっております。
ソリッドブラック仕様はアヴァンギャルド(前衛的)なデザインと、トラディショナル(保守的)なカラートーンが絶妙にマッチしていてマルチカムブラック仕様とは全く違った雰囲気になっております。
生地の状態からOO色でOOを作ったらこんな感じかな~~とイメージするものと、実際仕立ててみたアイテムとではやっぱりギャップがありまして、ブラックじゃ地味かなーと思っておりましたが見事に化けてくれました。


カーボンクロスのようなうつくしい織りが特徴的な胸部のバリスティックナイロンと、切り欠きから覗く専用スイマーカットプレート。
試行錯誤を繰り返し、デザインの為のデザインでもなく、機能の為のデザインでもなく、デザインと機能がしっかり融合して成立できたXP10の顔ともいえる部分です。

肩口は左右ともコブラGTバックルで接続します。軽量でクイックかつサイレントなリリースが可能です。
脱ぐとき、着るとき、利き手を選ばずとっても便利!
また、肩口をかなり内側によせて設計しております。肩の稼動範囲をかなり大きく取れると共にライフルのストックをしっかり体に当てて構える事ができます。








前面パネル胸部に接続されたマガジンポーチユニットはAR(M4)系マガジンをオープントップで2本携行できるタイプとなっております。

リップ部分が台形にせりあがっておりますが、これちゃんと意味がございます!

一般的にオープントップのマガジンポーチはすばやく片手でマガジンをドロウできてとっても便利ですが、、
片手でさくっと戻せる(挿せる)ポーチとなるとなかなか無いですよね。マガジンを挟むテンションが強すぎたり、バンジーコードが邪魔だったり、、
x115xTAYLORでは空マガジンは戻せるときはポーチに戻すスタイルを推奨しておりましてその為にも片手でしゅっと戻せるポーチが必要で
研究した結果このような独特な台形にせり出したリップをもったポーチ形状になりました。

このマガジンポーチの台形のリップ部分にマガジンの頭を添えて、そのまま押し込みながら靴べらの要領で滑り込ませる事でしゅっとマガジンをポーチに戻せます。
慣れれば視線を落とさず華麗にノールックでマガジンをポーチに戻せちゃいます。
またマガジンポーチにはエラスティックドローコードによるテンション機構がついておりますが、このテンションがマガジンを戻す際に引っかかりを生まないよう、ポーチの表面に樹脂製のシートを縫いこんであります。
エラスティックドローコードは樹脂シートを介して面でマガジンを抑えているのできつすぎず、ゆるすぎない絶妙なテンションでマガジンを保持できます。

さらに今回のモデルからマガジンポーチユニットのベース面側にも樹脂性シートを縫込み、ポーチ表面側としっかり挟み込める構造となり抜群のホールド感!!

さらにさらに、マガジンポーチのベース面側にスリップレジスト(滑り止め)シートを配しました。マガジン挿すとき、抜くとき、この滑り止めがレザーホルスターに銃を納めるときのような「ぬっ!!」としたしっくり感!!

オープントップマガジンポーチにはこれ以上もうなにもすることがないっす!!というくらいめちゃくちゃ鬼のように作りこんだのがこのマガジンポーチユニットです。



以上駆け足ではございますがXP10 PALTE CARRIERのスタンダードセッティングをご紹介させていただきました。
マルチカムブラック2着、ソリッドブラック1着のみの生産となっております。
一旦完売するとスケジュール的に再生産までかなりお時間がかかってしまいそうです。

x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。





さてさて本日はまだまだご紹介するアイテムがございます!!

お次はこちら!!



x115xTAYLOR製
FANNY PACK
MULTICAM BLACK
Night Camo
TRUTIMBER NEW CONCEAL
RANGER GREEN
COYOTE BROWN
MULTICAM-ARID
¥6.480

x115xTAYLOR的ファニーパックの登場です!!
ガチミリタリーのファニーパックは各社ややもっさりドスコイ系な物が殆どなので、あえてスッキリ、さっぱりスリックなファニーパックはいかがでしょうか?

財布やケイタイ、お車の鍵、デジカメなどを納めちゃいましょう!
ゲームの行き帰りは肩から斜めがけしてストリート感みたいなものを醸し出しつつ、いざゲーム中も腰に巻いて本来のファニーパックとして使用できちゃいます。
(でも容量が小さめなので長財布は収納できません。ご注意を)

何気にYKKの止水ジッパー仕様です。




カラーバリエーションいっぱいです。
ミリタリー感が強すぎないデザインなので、生地が本気でも適度に抜け感があってあまりミリミリしません。
普段着にちょこっと添えるような感じでタウンユースにお勧めしたいアイテムです。
缶バッジを1つ2つ付けて遊んでみるような使い方はいかがでしょうか!!








飴はいっぱい入ります。しかしながら体からぼこっと出っ張らないスリックな形状の為、容量はさほど大きくありません。
内部には仕切りポケットがひとつ付いています。

どこにもベルクロがないのでパッチも貼れません。
モールがないのでポーチとか追加できません。
隠しポケットとかシュアファイアホルダーとかもありません。

ただただシンプルに、さらっとお洒落にアクセサリー感覚で使っていただきたい、そんなファニーパックです。





最後にもうひとつご紹介!!








x115xTAYLOR製
HIDE CANDY POUCH
MULTICAM BLACK
RANGER GREEN
COYOTE BROWN
MULTICAM
¥7.560

ハイドキャンディポーチはx115xTAYLORが提案するあたらしい機軸の収納型モール固定式ダンプポーチです。
幅12センチ×高さ8センチ×厚み3.5センチほど(タバコケースサイズ)のコンパクトなケースがファスナーで全開し、小型のダンプポーチが展開します。

先のXP10のご紹介の際にも書きましたが、x115xTAYLORでは極力空マガジンをポーチに戻すというスタイルを前提にアイテムを設計しています。
空マガジンを5本も6本もでっかいダンプポーチに投げ込んでいると、ガラガラ騒がしい上にそれなりに重くなるので体の重心が狂って動きづらくなってしまうからです。
そしてこれは完全に自分の主観なのですが、腰にでっかい袋をぶら下げるとスタイリング的にどうもバランスが崩れてイマイチカッコよくまとまらない時があるような気がするのです。
かといってゲームはゲーム、とっさの状況ではマガジンをポーチに戻せない時もありますし、マガジン以外の何か(サイクロンや誰かの落し物を一時的に拾ったり)を収納する機会もあります。
そういったシチュエーションに対応できるように、
*ぱっと見ダンプポーチに見えずスタイリングの邪魔をしない
*必要に応じてガバッと展開できて何でも入る
*必要なくなったらしゅっと収納できる
という要項を満たすべくハイドキャンディをデザインいたしました。





収納される展開式ダンプポーチは、ある程度余裕を持ってケースに収納されるように設計してあります。
よくある折りたたみ式ダンプポーチなどは、綺麗に決まった方法で畳まないと収まらないものが多く、ゲーム中などにそれらを畳んでしまう事はほぼ不可能でしたが、ハイドキャンディポーチはケース側に余裕があるのでどんなにくしゃくしゃに丸めても畳んでも、ファスナーを閉じればしゅっと収納できます。




展開するポーチは深さ約25センチ、開口部の円周は約38センチとなっております。
M4のマガジンが4本すっぽり入ります。




ポーチは開口部にバンジーコードとコードロックを備えており、巾着状に開口部を絞る事が出来ます。




色展開は写真の3色に加えてコヨーテブラウンも制作いたしました。





以上、本日は新製品3点をご紹介させていただきました!!


ご購入は弊社オンラインショップstudio-AN3まで


本日もお写真、文章ごっつりでご紹介させていただきました。
ながい時間お付き合いいただきまして誠にありがとうございました。


さて、もうすぐ夜が明けます。

皆様よい一日を!



  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:10Comments(1)MANUFACTURENEW PRODUCT

2016年06月28日

XP8 PROTOTYPE 放出!!&再販製品インフォメーション!!!




さてさていよいよ夏は目の前、暑くなってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社アトリエにはエアコンがないので2年目の夏も扇風機だけで乗り切る事になりそうです、どうも、アノニマスです。

本日はアノニマスの私物XP8の放出販売のご案内や、再販アイテムのご紹介などをちょこっとさせていただこうと思います。






x115xTAYLOR製 MADE IN NIPPON
XP8 PLATE CARRIER<PROTOTYPE>
MULTICAM ARID 500D
専用Sサイズスイマーカットダミープレート付属
専用グローインプロテクター付属
USED品 ¥49.680

特殊素材ハイパロン(CRYE JPCの肩の部分などに使用されている耐久性の高いシート状のハイテク素材)を用いて可能な技術やノウハウを全て投入してコンパクトプレートキャリアにおけるx115xTAYLORの限界を目指したアイテムです。
ハイパロン素材でなければ実現できなかったかなりフューチャーなデザインですがS&Sのプレートフレームなども現れて、SFがSFではなくなり始めている現在、この位割り切ったデザインでやってみたかったのです。
胸部、肩、カマーバンドのパッドでフレームを構成して、そのフレームにプレートが固定されているような状態となっております。
見た目的には全然似ていませんが、設計思想的にはCRYEのCPCやAVSに近いようなものを限界までシンプルにコンパクトに納めたものが
XP8です。
またフロントパネルはP642シリーズとも互換性のあるカンガルーポーチユニットとなっております。

このXP8で研究した構造やデザインを元に、最新のXP10を製作することができました。
どのメーカーの何にも似ていないかなり挑戦的なデザインを形にしたことで今後のx115xTAYLORのデザインの方向性をはっきりさせる事ができた思い入れ深い1着です。

自分が何度かゲームで着用した他、雑誌撮影などで数度使用しただけなのでとっても綺麗ですがUSED品なのでかなりお買い得になっております。



それでは細部を見てまいりましょう。



全体的にシュッとしたスマートなシルエット。
わき腹カマーバンド部分も2段のモールカマーバンドに取り外し式のインナーパッドをセットした状態となります。
この部分はモールなのでポーチなど増設できますが、何もつけずにスッキリとさせるほうが今っぽいでしょうか。

腹部マガジンポーチユニットは以前1着のみ販売させていただいたXP8と同じ、M4マガジンオープントップ2連+ピストルマガジン3連となっております。
このマガジンポーチユニットは着脱式になっております。
特注になってしまいますが、何用のマガジンポーチユニットでも大体作れちゃいます。

下腹部防御の為のグローインプロテクターも付属いたします。
グリッド状にカットしたハイパロンが特徴的ですが、この部分はちゃんとモールとして機能いたします。




背面もモールひとつなく超スッキリデザインです。
カマーバンドは切り欠き部分からプレートポケットの内側に入り込んでいますが、内部でちゃんとサイズ調節が可能です。







ショルダーパッドからネックガードが生えていたらどうなるか、実現できるかの実証のを兼ねて今では珍しくなったネックガードを作りました。
デザイン的にもっさりしないように低めのネックガードにしてみましたが、首の防御というよりはスリングワーク時に首にスリングが擦れたり食い込んだりするのを防ぐのに大変有効でした。




カマーバンドはCRYE社JPC2.0に学んだクイックリリース機構をアレンジして制作しました。
Dカン部分に指をかけて引っ張るとずりっと捲くれてカマーバンドがリリースされます。




こんな感じでXP8をご紹介させていただきました!
最新型のXP10より後からそのルーツとなったXP8の詳細をご紹介するのもなんだかあべこべではありますが、素材の一部が手に入りづらい為今後生産する事はないであろう最後の1着をお求めいただけましたら幸いでございます。

ご注文はこちらから!!

x115xTAYLOR オンラインショップ STUDIO-AN3








x115xTAYLOR製 MADE IN NIPPON
C1306 CHEST RIG
BLACK 500D
CYOTE BROWN 500D
MULTICAM 500D NEW!!
¥30.240

C1306チェストリグは、x115xTAYLORの新しいコンセプトのチェストリグです。
近年ではデバイスの進化や戦闘方法の変化で機動性を重視するガンファイトが主流となってきました。
それにともなって大量のマガジンを携帯するような大容量のチェストリグよりも、携帯する弾薬は動きを妨げないよう必要最小限にとどめ、ツール・ライト・メディカル・ラジオなど必要最小限の装備を軽量かつコンパクトに携帯できるチェストリグが必要とされるようになりました。
x115xTAYLORでもこういった最新のガンファイトに対応すべく研究とデザインを行いC1306が完成いたしました。
昨今のオールインワン型コンパクトチェストリグはポーチ類がすべて縫い付けで換装不可能なものが一般的ですが、C1306はピストルマガジンポーチとユーティリティポーチをモール着脱式とすることで、ユーザーに合わせてセッティングをカスタマイズする自由度を備えています。

・M4マガジンを3連で収納できるオープントップマガジンポーチ
・PRC148/152を収納可能なラジオポーチ(簡易的にマガジンポーチとしても使用可能です)
・モール式で着脱可能な9mm2連ピストルマガジンポーチ
・モール式で着脱可能なユーティリティポーチ
・米国より輸入した実物軍用資材を使用し、都内のx115xTAYLOR自社アトリエで自社生産を行っております。

各社雑誌でも撮影でご着用いただき大変ご好評いただいておりますC1306チェストリグに今回やっと!マルチカムが登場です!
なぜかx115xTAYLORではマルチカムがあまり売れない、、みたいなトラウマがありまして避けていたのですがこのC1306にかぎってはよくリクエストをいただいておりました!やっと出来ました!お待たせいたしました!






オンラインショップ C1306チェストリグの商品ページはこちら!!








やっぱり人気の看板アイテム!

x115xTAYLOR製
SNEAK HOOD mod.3 スニークフード モデル3
TRUE TIMBER HTC SPRING  トゥルーティンバーHTCスプリング
3Dリーフカモフラージュマテリアル使用
Mサイズのみ
¥24.840 頑張って仕立てました!!あと5着!!

オンラインショップ SNEAK HOOD mod.3 の商品ページはこちら!!




本日は駆け足気味にて3点ご紹介させていただきました!!
x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。

本日もお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。




  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 01:48Comments(0)MANUFACTURENEW PRODUCT

2016年06月09日

新製品 HIGH LEG MAGAZINE POUCH発売!!!!!



夜更けに皆様こんばんわ

毎度おなじみ流浪のブログ、x115xTAYLORのお時間でございます。
オンラインショップ開設からしばらく経ちましておかげさまでなんとか運用に慣れてまいりました!
手続きに時間を要しておりましたカード決済/コンビニ決済も導入いたしました!

商品ごとのアクセス件数なども見れるので、皆様がどういったアイテムにご興味を持たれているのかがわかってとても参考になります。
まだまだオンラインショップに掲載しきれないアイテムがとってもたくさんございますので少しずつではございますが追加してまいります!
ご注目いただけましたら幸いでございます。



さてさて、本日は超実用的な新商品のご紹介でございます!!!!



x115xTAYLOR製
HIGH LEG MAGAZINE POUCH ハイレッグマガジンポーチ
RANGER GREEN 500D
COYOTE BROWN 500D
MULTICAM BLACK 500D
MULTICAM 500D

AR系マガジン対応 オープントップフラット2連
¥8.640


ご注文はこちらから!x115xTAYLOR オンラインショップSTUDIO AN3




今x115xTAYLORでは、マガジンを分散配置するのが流行でございます。
プライマリーウェポンのマガジンは
アーマーやチェストリグの腹部に3本+レッグ(もしくは腰に)2本+1本(銃に挿さってる分)計6本位でセッティングする前提でそれぞれデザインしております。

お腹にごりっごりに8本(男の12本!!!)位マガジンを装備するようなオールドスクール的セッティングはめちゃかっこいいですが、
運動不足な体にスパルタンすぎる上に、重量バランスの悪さや狭い場所での体回しのしづらさもあって撃ち合いをする上でちょっと大変ですよね、、
逆に言えばこういったごりっごりオールドスクール装備でキレッキレに銃と己を捌き、ビシバシ戦っている方をフィールドでお見受けすると痺れるカッコよさです!!!

さてお話を戻しまして、マガジンを分散配置する上でリグやアーマーの腹部3本はx115xTAYLOR的にとてもたくさんのアイテムでご提案させて
いただいておりますが、じゃあレッグ(もしくは腰)の装備は?の部分を埋めるべく開発したのが今回のハイレッグマガジンポーチでございます。


それでは細部を見てまいりましょう!!








ハイレッグと名前を付けただけあってホントにものすごいハイポジションです。
レッグOOというと膝の上辺り側面につくものが多く見られますが、このマガジンポーチはかなり腰よりの位置にレイアウトされています。
これは重いもの、出っ張るものは極力体の中心に持ってきたほうが動きやすいという理屈に基づいたものです。
レッグホルスター等で作りこみがイマイチなものを使っていると、走ったりするとブルンブルン振れて銃が前に行ったり後ろに行ったり、、そんな経験ありませんか?
あれを防ぐ為の超ハイレッグポジションです。
さらに薄くフラットなつくりにする事で体に密着させて、より安定性を高めています。

コスタ先生のところのレッグリグなんかと近いコンセプトなのですがあのレッグリグさすが巨人の国(米)のお品、けっこう大柄なつくりなんです。
なにかこう、、ぱっと見コンパクトなチェストリグ位あるといいますか、、
さらにTACOマグ系の親子レイアウトなのもあってゴッツイ!!!
そのごっつさがコスタレッグリグのカッコいい所ですが、もうちょっとミニマムでフラットなやつがほしい!という所からハイレッグマガジンポーチはこういったデザインにまとまりました。
ポーチは縫い付けで構造もシンプルそのものなので、お値段もリーズナブルです。



ベルトからの吊り下げ方法も超シンプルなベルトループ式です。
バックルなどを介さずに直吊るしするからこそこの超ハイレッグポジションが実現しました。
モールベルトパッドなどに対応するべくモール方式なども検討しましたが、一番シンプルなこの方式に落ち着きました。
リガーベルトのようなかたーーい芯入りベルトでなくても、普通のズボンベルトで十分に支えられます。

ベース面内部に5mm厚のやや固めのウレタンフォームを縫い込んであります。
マガジンが直接体に当たらず快適な上、マガジンポーチのベース面が変形する事を防ぐ芯の役目も果たします。






一応AKマガジンも納めてみました。
入るには入りますが、AKマガジン特有のマガジンリップがちょっと引っかかって抜き挿しにはちょっと慣れが必要そうです。
US PALMのごんぶといAK47マガジンは入りませんでした、、、







こんな感じで腹部に3本、レッグに2本!
とってもスッキリ!シャープな感じにスタイリングできちゃいます!!
x115xTAYLOR一押しのミニマムセッティングです。



そしてそして!!

このスタイリングで使用しているアーマーも新商品だったりします!(試作品ですが、、)
さて、お次はこの新作アーマーをご紹介!





x115xTAYLOR製
P11 A.B.A (ADVANCED BODY ARMOUR) PROTO TYPE
RANGER GREEN 500D
COYOTE BROWN 500D
ダミーハードプレート付属

¥19.440


ご注文はこちらから!!x115xTAYLOR オンラインショップ STUDIO AN3


XP10を製作したときにデザインした独特なプレート保持方法がとてもお気に入りでそれをほかのタイプのアーマーに納めてみたいなーという構想がございました。
そんな折に雑誌の撮影用にアーマーを製作する機会をいただきまして、デザインと構造の実証のために製作したアーマーがP11A.B.A PROTO TYPEです。
量産しようと思えばできる構造ですが、量産予定は未定となっております。
レンジャーグリーン1着とコヨーテブラウン1着、微妙に各部の寸法がことなる2着のみの販売です。
その分量産して販売する場合のお値段よりリーズナブルに設定しております。
(量産して正規ラインナップに加えた場合¥24.000~前後のお値段になりそうです)


ロービジ系のアーマーでは弊社でもロングセラーとなるBABY LOWVIS ARMOURがございます。
BABY LOWVIS ARMOURがピストル弾からの防御を前提としたトラディショナルなシビリアンボディーアーマーを踏襲したデザインをしているのに対して、P11A.B.Aはソフトアーマーパネルとライフルプロテクション用のハードプレートを重ねて挿入する、より脅威度の高いシチュエーションをイメージしたデザインとなっております。








可動域を重視して削り込んだうでぐりと、越し回りに干渉しづらいようにコンパクトに納めたわき腹の大胆で複雑なカットが特徴です。





XP10ゆずりのプレートポケットがベース面側にめりこんだ構造の為、プレートポケット側が出っ張らずスリックな形状となります。
またデザイン的にもアクセントとなっている部分です。





内側部分はレンジャーグリーンはミルスペックメッシュ仕様、コヨーテブラウンは軽量なパッククロス仕様となっております。
量産する場合はこういった部分のマテリアルの選定も悩みの種です。
いつも製品を開発するときは素材ごとの特性や、加工しやすさ、デザインとのマッチングを考えてマテリアルを決定しています。
今回は素材ごとのマッチングを試してみたのでレンジャーグリーンとコヨーテブラウンで内側生地が異なります。

内側はファスナーで開閉するようになっておりソフトアーマーパネルを内蔵できます。
10mm厚位のウレタンフォームなどをカットして入れていただくとボリュームが出ます。
しかしながらダミーハードプレートは付属しておりますので、それだけでも十分かっこよくご着用いただけます。
今回の撮影はすべてダミーハードプレートのみ使用しております。




単体ではマガジンを携帯することができませんが、弊社製品MG INSERT2を腹部プレートポケットのフラップに抱き込ませてカマーバンドで包むように装着する事ができます。
これで超コンパクトかつスリックにARのマガジン3本、もしくはMP5/MP7のマガジン3本を携帯できます。

もちろんP11 A.B.Aを純粋なボディーアーマーとして着用し、チェストリグと重ね着するのもカッコイイスタイリングですね!!







ああ!もうすぐ朝です皆様!!


本日は駆け足で新商品と試作品をご紹介させていただきました。
本日もお付き合いいただきまして誠にありがとうございました!!


それでは皆様よい一日を!!!


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:25Comments(0)MANUFACTURENEW PRODUCT

2016年05月27日

XP10 PLATE CARRIER



どうも毎年五月は体調がすぐれない、どうもアノニマスでございます。

久々に新製品と申しますか、とびっきりの一着をぶっこみ気味にご紹介させていただきます!
自らミシンで装備品を作り始めてからかれこれ6年位になるのですが、その間それはもう数え切れない位のアーマー類を製作してまいりました。

チェストリグも大好きで死ぬほどたくさん縫いましたが、リグは基本的にはエプロン的なものの延長線上にあるものです。
アノニマスの主観ですがリグの引き算的究極は56式弾帯、足し算の究極はLBT1961とそれぞれ結論が出てしまっている部分がありまして、
デザイン的に56式と1961の間のどの辺りに着地するか?みたいなところが殆どなのです。

しかしながらアーマーは構造的にもデザイン的にもまだまだ進化する余地が残っておりまして、近年ではS&Sプレシジョンという米メーカーが
プレートフレームなるカイデックス(ざっくりいうと樹脂)製のフレームに防弾プレートをはめ込んでそれをハーネスとカマーバンドで体にのせるとんでもないアーマーを製作しております。



こちらがそのプレートフレームです。
あふれ出るSF感ですが、ちょいちょい米軍にも納入?されているようで、兵隊さんが着ている写真もちらほらと見かけます。
このプレートフレームをはじめてみたときのショックは相当なもので、ある種のトラウマです。
まずカッコイイですよね凄く!うわ未来キターーー!!!こんなのありなのかーーー!
ただこれ衝撃的なことに気づいたのですが、つくるのにミシン要らないんですよねほぼ、、
生産効率も高そうです。機械でカットしたカイデックスを熱してひん曲げて、肩と脇のストラップつけるだけです。

こんな新しい発想で、ものすごいアーマーをS&Sプレシジョンは生み出してきました。
このプレートフレームによって、「プレートキャリアはこうでなくてはならない」というある種の呪縛から開放されたようなところがあります。
実際プレートフレームの亜種のようなものを作り出す新興メーカー等も現れているようです。


ではではx115xTAYLORには何がでるでしょうか?
布でなくては成立できない、布だからできるデザインを。
日本人だからこそ、職人でデザイナーなx115xTAYLORだからこそできる繊細で綿密なデザインを。
技術的に可能な事、デザインのために必要な工程をすべて詰め込んで今できるベストなプレートキャリアを作りたい!
そういった飢えからアノニマスはプレートキャリアを仕立てました。
それが本日ご紹介させていただくXP10です。





上記のような経緯からあふれ出るクリエイション欲求だけをぐいっと形にして生まれたXP10、最初は完全なるコンセプトモデルな予定でした。
おりしもちょうどARMS誌ライターのGHOST IN THE DARK氏のプライベートイベントPlastic Flower VOl.1に参加させていただく機会があり、せっかくなのでこの場を借りてx115xTAYLORの新しい世界観をお披露目させていただこう!!と思い立ちましてファッションショーに出るような気持ちでバージョン違いのXP10を3着用意して持ち込ませていただきました。

ここでGHOST氏にこのアーマーを大変気に入っていただきまして、なんと氏がアームズマガジンで連載されている「水崎綾女の特殊作戦記録」
のページにて、女優 水崎綾女さんのスタイリングにこのXP10を取り入れていただける事となったのです!!急遽新たに水崎さん使用を仕立てました!
うーんドラマティック!!



それがこちら!大変光栄です。

さらにVショーにPlastic Flower VOl.1の撮影で使用したXP10を持ち込んだところ想像を超えるご注目をいただきまして、1着その場でお嫁にもらっていただきました。
一目ぼれでお買い物いただくにはあまりにも高価ではございましたが、それでもほしい!と言っていただいたお客様に販売させていただきました。これは本当に嬉しく、励みになりました。

さらにブログを見ていただいたお客様より数件のオーダーが入りまして、追加生産する必要がでました。
そこで受注分に対して余分に1着多く仕立て、この1着を改めまして弊社オンラインショップにて販売させていただく事にいたしました。




x115xTAYLOR製
XP10 PLATE CARRIER FULL KIT[AN3 SETTING]
MULTICAM BLACK500D×BALLISTIC NYLON1050D
専用スイマーカットダミープレート付属 SM兼用サイズ
¥108.000 限定1着!頑張って仕立てました!!
できること、やりたい事は全部やらせていただきました。x115xTAYLORの魂、入ってます。



それでは細部を見てまいりましょう!!



こちらがXP10 PLATE CARRIER[AN3 SETTING]の全パーツでございます。
非常にコンパクトにパズルのように組み合わさって一塊になりますが、じつはかなりのパーツ点数です。
前面・背面・ショルダーストラップ・カマーバンド・腹部ユニットが超モジュラー化してあります。
[AN3 SETTING]としたこのキット以外にも各ユニットを違うものに置き換えてさまざまな仕様が生み出せそうです。




まずはフロント&バックユニット。
特徴的な切り欠きからスイマーカットが覗く、XP10のアイコン的部分です。
プレートを抱きかかえる部分は1050デニールバリスティックナイロンとパッククロスをレイヤーしたパーツです。
フロントユニットには胸部の2箇所のループを介して腹部のベルクロに貼り付ける方式で、各種マガジンポーチユニットが接続できるようになっています。
また、カマーバンドを接続する方法も一般的なベルクロ貼り付け式ではなく、ITWのファステックス(バックル)式といたしました。
べりべりと音を出さずにパチっつ!しゅ!!と脇が左右とも開閉します。

バックユニットはこれまた特徴的なエラスティックドローコードのネットを配しました。



このバックユニットのエラスティックドローコードにガスマスクやヘルメットなどをひっかけて携帯する事もできます。






フロントおよびバックユニットは内側部分センターのメッシュで通気性を確保しつつメッシュをはさんだ左右のスペースにクッションフォームを内蔵しています。このクッションフォームに表側からプレートを押し付けて、クッションフォームにプレートが半分めり込んでいるような状態で保持されます。体に直接プレートを押し付けないので着心地はとても快適です。







肩口は左右ともコブラGTバックルで接続します。軽量でクイックかつサイレントなリリースが可能です。
脱ぐとき、着るとき、利き手を選ばずとっても便利!
また、肩口をかなり内側によせて設計しております。肩の稼動範囲をかなり大きく取れると共にライフルのストックをしっかり体に当てて構える事ができます。

余談ですが
海外製プレートキャリア特にCRYE社JPCなどは肩口の開き(角度と位置)がとても大きく標準的な体系の日本人では肩からストラップがずり落ちそうになってしまう事が多々あります。さらにバンザイすると肩に引っ張られてアーマー自体がずり上がってしまったりもします。
JPCは180cm強のごっつい兵隊さんがコンパクトに着るために設計された(と思われる)ものなので日本人の肩にフィットしづらいのはいたし方がないところではございますが、、





お次はマガジンポーチユニット!
本キットではAR系マガジン2本と9mm系ピストルマガジン1本をオープントップで保持できるタイプのものを製作いたしました。
ARのマガジンポーチ、リップ部分が台形にせりあがっておりますが、これちゃんと意味がございます!

一般的にオープントップのマガジンポーチはすばやく片手でマガジンをドロウできてとっても便利ですが、、
片手でさくっと戻せる(挿せる)ポーチとなるとなかなか無いですよね。マガジンを挟むテンションが強すぎたり、バンジーコードが邪魔だったり、、
x115xTAYLORでは空マガジンは戻せるときはポーチに戻すスタイルを推奨しておりましてその為にも片手でしゅっと戻せるポーチが必要で
研究した結果このような独特な台形にせり出したリップをもったポーチ形状になりました。




このマガジンポーチの台形のリップ部分にマガジンの頭を添えて、そのまま押し込みながら滑り込ませる事でしゅっとマガジンをポーチに戻せます。
慣れれば視線を落とさず華麗にノールックでマガジンをポーチに戻せちゃいます。
またマガジンポーチにはエラスティックドローコードによるテンション機構がついておりますが、このテンションがマガジンを戻す際に引っかかりを生まないよう、ポーチの表面に樹脂製のシートを縫いこんであります。
エラスティックドローコードは樹脂シートを介して面でマガジンを抑えているのできつすぎず、ゆるすぎない絶妙なテンションでマガジンを保持できます。
一見地味ですが、このマガジンポーチ超イイです。










マルチコンパートメントポーチは左右脇部分に設置するポーチです。
PRC152やアンダーマウントライト付のグロック級ピストルが納められます。
もちろんそれらより小さいマガジンなども収納可能です。

メインの腹部マガジンポーチユニットはコンパクトさを優先してAR2本のみと少ない為、携帯マガジン本数を増やしたい場合はこの両脇にもマガジンを収納する事ができます。




市販の6×6サイドプレートが収納可能なポーチです。
プレートの上端3/1ほどが露出するのがデザインの特徴となっております。
※製品にはサイドプレートは付属いたしません。ご自身でご用意ください。









シンプルかつ軽量なXP10専用のカマーバンドです。
このカマーバンドにマルチコンパートメントポーチとサイドプレートポーチをセットする事ができます。
もちろんそれらを使用せず極軽量なセッティングにもできます!
ベルクロ式にてサイズ調節機構を備えています。







ショルダーパッド
切り欠きのあるハイパロン素材を使用した特長的なショルダーパッド。
内部にクッションフォームを内蔵し肩にかかる負担を軽減します。
切り欠き部分に引っ掛ける事でラジオのアンテナやケーブル、ハイドレーションチューブなどの固定が行えます。










はい、、あふれ出すパッションを文字にして細部の細部までご説明させていただいたところ、久々の長文大作ブログとなってしまいました。
お付き合いいただきました皆様、誠にありがとうございます。

こんなに熱く思いのたけをつづったXP10ですが、在庫が1着しかないのです。とてもたくさんは作れません。

デザインも仕様も価格も、万人に認めていただけるものではないかもしれません。
それでもなお、XP10にびびっときた貴方、そんな貴方のために仕立てた技術とデザインの粋でございます。

x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。

ご購入は弊社オンラインショップstudio-AN3まで
※すぐにオンラインショップにアップしようと思ったのですが、ショップがメンテナンス中でした、、27日の夜にショップにアップできるように頑張ります。

空も明るくなってまいりました。

本日も長文にお付き合いいただきありがとうございました。
それでは皆様良い一日を!!ごきげんよう!


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:26Comments(5)MANUFACTURENEW PRODUCT

2015年08月05日

日本の夏 チェストリグの夏。




連日地獄のような暑さが続いておりますが、ミリタリーフリーク・サバイバルゲーマーの皆様、ご無事でしょうか。
アノニマスは、何とかギリギリ生きております。
7月中ごろ、両親の実家がある九州は宮崎県に帰郷していたのですが、トロピカルフルーツの王者マンゴーを大プッシュしている宮崎県より
東京のほうがはるかに、はるかに暑いのは気のせいではないはずです。
じゃあもう東京マンゴー育てれば甘くなるじゃないか!!いや、暑すぎてマンゴー枯れるわ!!

試しに自宅の屋上に種を植えてみようか、などと現実逃避に花が咲く今日この頃です。

ちなみにマンゴーの種って小判型なのご存知でしたか?
余りに高価なため親から送ってもらうのも躊躇するような宮崎のマンゴー。
高級なやつは2個で15.000円位!!?!)
一個丸のまま剥いて食べた事がなかったアノニマスは、てっきり種はアボカドみたいな感じの丸いものと思っていたのですが、ついに先日1個丸ごと食べてみまして(おそらく1個2.000円位のもの。それでも超高くないですか?!)小判型の種が妙に面白かった次第です。
もちろんお味も絶品でしたよ!!世の中まだまだ知らない事がたくさんあります。

はい、いきなり大脱線させていただきましたが本日は久しぶりに製品のご紹介をさせていただきます。





x115xTAYLOR製
C1107 CHESTRIG for MP5/MP7
Hハーネス仕様

RANGER GREEN 500D  ¥20.520
COYOTE BROWN 500D ¥20.520
TRUETIMBER NEW CONCEAL 600D ¥20.520

MULTICAM 500D       ¥21.600
MULTICAM BLACK 500D ¥21.600


実物ギア世界ではすっかりマイナー種となってしまったSMGマガジン専用チェストリグでございます。
Vショー告知などでちらっとご紹介させていただいておりましたが、大変ご好評いただきました。
この度、新色を追加して晴れて全国の皆様にご紹介させていただきます!!




全五色の中でもアノニマス的お勧めは上記の2色TURETIMBER NEW CONCEAL (以下TTNC)とMULTICAM BRACK(以下MCBK)
でございます。
というのもわざわざ生地を細長ーーーく裁断し、裏側にパイピング材をあてて手作りしたフルカラーウェビング仕様だからです!
これは地味に手間がかかります!しかしその分しっかり迷彩色が生きてとてもカッコよいです!
ちなみについ最近、MCBKのプリント柄ウェビングが出回りはじめましたが、これがとにかく高いので導入するか悩んでおります、、






では早速全体図をご覧いただきましょう!

前面本体部
MP5/MP7用ポーチはフラップ1本挿し4連仕様となっております。
さらに両脇部分にヨコ3コマ×タテ3段のモールウェビングを配置いたしました。
x115xTAYLORの例に漏れず、極力コンパクトにレイアウトしたリグとなっております。

背面 ストラップ部
背面は最近のトレンドにあわせてHハーネス仕様といたしました。
昨今の多くのリグで採用されているHハーネス仕様、確かにカッコイイのですが実はなかなかの曲者でございまして、、、、
海外製の実物系チェストリグでHハーネス仕様のものをご着用された経験のある方はお分かりになると思うのですが
Hハーネスは日本人の肩に全く合わない!!!
のです衝撃的です。ええい。
Hハーネスは分厚い胸板にいかつい肩と豊かな胸毛の白人体系アニキの体格を前提として設計されているように見て取れます。
薄い胸板になで肩スリムな日本人にはどうにも乗っからないんです。なにか背中でストラップが反り返ったり、肩からズリズリと滑り落ちて不快だったり散々です。ストラップをきつく締めてどうこうなる次元ではなくなっております涙

自分自身もEAGLEのマルパーを愛用していた際にこの悲しい現実に直面し、それからx115xTAYLORの全てのチェストリグをX型ハーネスで製作してまいりました。正直X型ハーネスは、そのエプロンママのごとき後姿(オールドスクール的にはカッコイイ!)に目をつぶれば非常に理にかなっています。

しかし時は流れ、カッコイイHハーネス型のリグが出回り始め、自分の元にもHハーネス仕様のオーダーが増えてくるようになってまいりました。
アノニマス的にカッコイイとカワイイは大正義です。それならばかっこよくて日本人的にもバッチリなHハーネスを設計しよう!!という事で上記の写真のようになりました!



構造的にはメイフラワー型をよりコンパクトにアレンジしつつ、前面にもストラップの長さを調節できる機構を備えたものとなっております。
ヘイリー先生のD3なんかをお使いになられた方ならピンと来ると思うのですが、H型は前面側でもストラップの長さが調節できるようにしないと大変な事になってしまうのです、、

研究の結果x115xTAYLOR的の日本人向けHハーネスが完成いたしました。非常にバランスよくまとめる事ができましたので、以後x115xTAYLORのリグはこのHハーネスを標準装備して販売いたします。






ポーチにMP5/MP7のマガジンを納めた状態です。
他にもUZIやMP9など9mm系のほとんどのSMGマガジンやGLOCK用ロングマガジン等を収納可能となっております。
画像ではマルイ製の(涙の)少し小さめMP7マガジンが収納されておりますが、もちろんKSC等リアルサイズにも対応しております。
(UMPやクリスベクターなど45系マガジンは収納できません。そちらはオーダーメイドでお作りできますのでご相談ください)



それぞれのポーチはフラップを内側にたくし込む事で簡易オープントップとしても使用できます。
マガジンチェンジのスピードに命をかける貴方にお勧めできる状態です。
オープントップ状態でもエラスティック(ゴム)バンドで一定のテンションがかかってマガジンが保持されますので、逆立ちしたまま走り回らなければマガジンはほぼ脱落しないと思われます。






さらに本体部内側には、アーマーとの合体や安定保持のためのベルクロフックがレイアウトされております。
Hハーネスを取り外し、胸部バックル式の各社アーマー/プレートキャリアー等と合体できます。
通常、ループ(もじゃもじゃ)側のシートで覆ってご着用いただきます。
単体で着用してもお腹がざりざりになりません。





以上の通りC1107 CHESTRIGをご紹介させていただきました!!
ここからはさらにさらに踏み込んだ、x115xTAYLOR的C1107の盛り付け方などご提案させていただきたく思います!
今しばらくお付き合いくださいませ!!





本ブログ記事、トップ画像でも使用させていただきましたこのセッティング。
同色がゆえに同化気味で一見MCBKのカタマリの用に見えますが、これはちゃんとC1107 CHEST RIGなのです。
同じくMCBKのP4 MOLLE PLATECARRIER とポーチ3点を追加したC1107のレイヤードスタイリングとなっております。





x115xTAYLOR製
P4M<MOLLE>PLATE CARRIER
Ssize 専用ダミープレート付属

MULTICAM BLACK 500D ¥23.760
MULTICAM 500D ¥23.760
RANGER GREEN 500D ¥23.760 NEW!!

超コンパクトでありながらしっかりヨコ6コマ確保してありますので、ポーチを盛って単体使用も良し!
チキンプレート的にアーマーキャリーとして着用し、リグやベストを重ねるも良し!
とてもバランスの良いプレートキャリアーとなっております。
この度レンジャーグリーンが新色として加わりました!しかもレンジャーグリーンはなんとめでたい事に、アームズマガジンさま9月号表紙
スタイリングにご使用いただきました!!!


プレキャリを着るには暑い日が続きますが、そんな地獄のような暑さの中、涼しい顔でプレキャリを着て戦ってみると三倍カッコよく見えるかも知れません(くれぐれも体調管理にご注意を)

ちなみにわたくしアノニマスさん装備変態になりますと、サバイバルゲームやコスプレの為の装備ではなく、装備をスタイリングする為のサバイバルゲームやコスプレと目的と手段が大逆転する現象が発生してしまいます。
そのため、暑くても寒くても自分がスタイリングしたい装備を着て遊びます。なのでフィールドに到着して装備を着た時点で結構満足します。



お次はC1107側のセッティングでございます。
ポーチを3点追加しただけなのですが、かなり勇壮な見た目になります。強そうです。



追加したのは以下の3点

MEDICAL POUCH (FLAP TYPE) MCBK 500D ¥8.640
高さ160mm×幅120mm×厚み60mm ヨコ3コマ×タテ3段使用

HANGER POUCH (ZIP TYPE) MCBK 500D ¥8.640
高さ125mm×幅200mm×厚み50mm リグ腹部のベルクロに貼り付けて固定

RADIO POUCH MCBK500D ¥7.560
PRC148/152対応 側面サイリウムホルダー付き

こんな様なポーチは、オーダーメイドにて色々製作可能となっております。
アブノーマルな迷彩柄でフルキット製作したりできちゃいます夢が広がりますね。




C1107にポーチをレイアウトしたフルセッティングがこちら!
せっかくなので、この状態で1着限定販売させていただきます!!

x115xTAYLOR製
C1107 CHEST RIG FULL SETTING LIMITED
MULTICAM BLACK 500D ¥38.880

(ラジオ、PTTスイッチ、ポーチに収納したマガジン、サイリウムなどは付属いたしません)

ポーチとリグをばらばらに買ったら4点で¥46.640になりますので、このフルセッティングは超お得ですね!
アームズマガジン様9月号表紙掲載記念のスペシャルな限定販売となっております!!



<ご購入をご希望のお客様へ>
左テンプレート最下段[オーナーへメッセージ]からご注文のメールをお願いいたします。
その際、
1.ご注文の商品名(色とサイズ)
2.お客様のお名前
3.郵便番号 
4.ご住所 
5.電話番号 
を必ず明記お願いいたします。
ご注文をお受付した順に、ご案内メールをお送りさせていただきます。

x115xTAYLORにご注文、お問い合わせいただく際は予め、
anonymousnumber3@live.jp
こちらのメールアドレスからの受信が可能な状態になるようお手続きをお願いいたします。
特に携帯電話からメールいただく際に返信できないことがが多くなっております

お支払い方法は銀行口座振り込みのみとなっております。
生産数を超えるご注文をいただいた場合、先着順での販売となり以降バックオーダーとさせていただきますのでご了承くださいませ。


x115xTAYLORの販売ポリシーとしてお品にご満足いただけない場合、
一週間以内、ゲームなど未使用に限り、返品もお受けいたします。
その際はお早めにご連絡をお願いいたします。


x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。








アームズマガジン様でもGHOST IN THE DARK氏のスタイリングにてP4MOLLE PLATE CARRIERとGHOST氏デザインのx115xTAYLOR製特注チェストリグのレイヤードでご使用いただきました。
3月号に続き、なんと表紙スタイリングにお使いいただくのは2度目となります。
大変光栄でございます。ありがとうございます!!



大変長文になってしまいましたが、久々に製品紹介の記事を書かせていただきました!
ここまでお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
今後もスローペースではございますが、ブログ更新頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。

最近ツイッターもはじめました!x115xTAYLOR Twitter
販売などの情報は今後もブログから告知させていただきますが、アノニマスの日常や製作記など小ネタ中心のツイートをしております。
フォローいただけましたら幸いでございます。





久々、今日の二枚。













氷点下すら暑苦しくする男達、海兵隊。

  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 15:22Comments(2)MANUFACTURENEW PRODUCT

2014年12月12日

SNEAK HOOD Mod.2 Block.3 再販情報!!!



ここ2年で15キロ以上太ってしまい、スリム時に作製した自分用BDUがほとんど着れなくなってしまいました。
どうもアノニマスでございます。

前回の生産分もすぐに完売となってしまいましたSNEAK HOODの再生産が完了いたしました。
たくさんのお問い合わせをいただき誠にありがとうございました!
そしてお待たせいたしました!!

x115xTAYLORの生産キャパシティの限界ギリギリアウトなラインで必死に生産いたしましたが、今期はこれが最後の生産となりそうです。
皆様からもご好評いただいているTRUE TIMBER HTC SPRINGの生地で製作できる最後のSNEAK HOODかもしれません。

SNEAK HOODとは何ぞや?!という貴方様はこちらをクリック!




x115xTAYLOR製
SNEAK HOOD mod.2 Block.3 スニークフード モデル2 ブロック3
TRUE TIMBER HTC SPRING  トゥルーティンバーHTCスプリング
3Dリーフカモフラージュマテリアル使用
M/L 2サイズ展開

Msize(前モデルまでフリーサイズとしていたサイズ) ¥22.680 ありがとうございます!完売いたしました
Lsize ¥25.920 ありがとうございます!完売いたしました







こちらもちょっとだけ再生産いたしました!

SNEAK HOOD用ポーチ
幅160mm×高さ125mm×厚み40mm
必要モールコマ数 ヨコ4コマ×タテ2段
BACK WOOD 600D ありがとうございます!完売いたしました
TRUE TIMBER CONCEAL 600D ありがとうございます!完売いたしました
¥5.400







<ご購入をご希望のお客様へ>
左テンプレート最下段[オーナーへメッセージ]からご注文のメールをお願いいたします。
その際、1.ご注文の商品名(色とサイズ)2.お客様のお名前 3.郵便番号 4.ご住所 5.電話番号 を必ず明記お願いいたします。
ご注文をお受付した順に、ご案内メールをお送りさせていただきます。

x115xTAYLORにご注文、お問い合わせいただく際は予め、
anonymousnumber3@live.jp
こちらのメールアドレスからの受信が可能な状態になるようお手続きをお願いいたします。
特に携帯電話からメールいただく際に返信できないことがが多くなっております

お支払い方法は銀行口座振り込みのみとなっております。
また、生産数が極少量の為申し訳ございませんがお一人様1着とさせていただきます。
生産数を超えるご注文をいただいた場合、先着順での販売となりますのでご了承くださいませ。
在庫がなくなり次第、販売を終了させていただきます。
次回生産時期などは未定となっております。次回分のご予約などはお受けできませんのでご了承お願いいたします。


x115xTAYLORの販売ポリシーとしてお品にご満足いただけない場合、
一週間以内、ゲームなど未使用に限り、返品もお受けいたします。
その際はお早めにご連絡をお願いいたします。


x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。



本日もお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
x115xTAYLORブログの名物、鬼長文も近々執筆いたしますのでそちらもお付き合いいただけましたら幸いでございます。


それでは皆様ごきげんよう、良い週末を!
  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 18:37Comments(0)MANUFACTURENEW PRODUCT

2014年08月22日

LV MBAV CLONE ADVANCED PROJECT!!



めずらしく月2回目の更新!
皆様こんばんわ。
調子に乗って部材を山ほど仕入れ、ウキウキ中のアノニマスでございます。
しかし請求書がえぐい。目から汗が止まりません。


さて、勢いだけでクローン化したものの、MARSOC装備の皆様からの熱いご支持のお陰様で増産増産を繰り返しているLV MBAV CLONEでございます!!!が、

やはりあまりにも渋い仕様(表面にベルクロなし・モールなし・基本的には弾が入らない)の為か、ほぼカーキしかご注文が来ません。

そもそも LV MBAV CLONEとは 過去記事リンク <LV MBAV CLONE 発売!!>


LV MBAVはこのモール全盛期に、
1.全くモールに対応せず、
2.ベルクロベースがつくスペースが余裕であるにもかかわらずベルクロ無しで
3.かつ挑戦的なほど複雑でパーツ点数の多い

天邪鬼プレートキャリアーです。
自分はそのゴーイングマイウェイっぷりに惚れたのです!
そして、写真や資料を集め、推測だけでどうにかCLONE化しました。

確かにLV MBAV はカッコイイ!
しかし、あまりにも使いづらいのです。このままでは、、、







こちらは<スタンダード>と呼んでいる、CRYE社のカタログに掲載されている仕様を再現したもの。
ご覧の通り、超スタイリッシュにして拡張性皆無の男前過ぎる仕様です。
唯一、胸部に備わった1インチバックルから各社合体型チェストリグなどをぶら下げられる事が救いでしょうか。

これをもうちょっと実用的にアップグレードしよう!というのが今回の試みでございます。





で、完成したのがこちら!!
LV MBAV CLONE ADVANCED MODEL でございます!
名前長い!!
CRYEっぽさ満点のADVANCED MODELですが、CRYEにはこの仕様は存在しません。
x115xTAYLORがCRYE風にLV MBAVを独自改修したものでございます。
上記画像は盛り付け例で、ラジオポーチ・Wピストルマグポーチ・メディカルポーチを装着してございますが、上記スタンダードとの差は歴然!
これ単体でちゃんとした感じになりました!
じゃあ最初からフルモールのプレートキャリアーを使えばいいじゃん!!なんて無慈悲な突っ込みはいけません。
LV MBAVを単体でガチっぽくしたい!その偏った愛ですよ愛。




なにかエレガントさすら感じる佇まいです。
ADVANCED MODELになり、マガジンが3本収納可能になり、カマーバンド等一部がモール対応となりました!
しかし相変わらずパッチが付きません。きっとCRYEのデザイナーは
「パッチなんぞ付けるな!!」
とデザインで訴えているのでしょう。ほんまかいな。ベルクロベースをつけるスペースは余裕であったにもかかわらず、それをつけなかったのです。
なのでx115xTAYLOR版も、CRYEへのリスペクトを込めて、このまんまクローン化しました。
逆に支給されたMARSOC隊員達的に、このこだわりは非常に迷惑だったらしく笑
多くのミリフォトで、強力ノリ付きベルクロを胸部にムリくり貼り付けてパッチをつける等使用しています。

もう 現場の声とか 関係あるかーーーい!です。




具体的には、通常のLV MBAV COLNE STANDARD MODELに上記のADVANCED追加パーツセットが付属した形となります。
NJPC型M4/3連マガジンポーチパネルと、JPC型カマーバンドです。





1.背部カマーバンド基部
MBAV CLONEは当初からJPC型やその他のカマーバンドが使用できるように設計してありました。
ご覧の通り、ばっちり収まります!
(CRYE実物がどうなっているか最大の謎部分)

2.NJPC型M4/3連マガジンポーチパネルは側面にマガジンの厚みを計算したマチ部分があります。
本家JPC/NJPCが封筒型でマガジンを入れると左右が反り返ってしまってどうもソワソワするのですが、薄っぺらいハコ型のx115xTAYLOR版はマガジンの収まりがとっても良い感じです。

3.マガジンポーチパネル内はエラスティック製(平たく言うとゴム製)の仕切りがあります。マガジンを程よいテンションで受け止めます。


もともとは、自分用のMBAVをアップグレードする目的でこのADVANCED PROJECTを夜な夜な真夜中(ほぼ早朝)の自由研究タイムに製作していたのですが、せっかくなのでちょっとだけ販売させていただく事にしました!!
ほんとにちょっとだけですが、、



x115xTAYLOR製 MADE IN NIPPON!!! アノニマスさん手作り!!
LV MBAV CLONE ADVANCED MODEL
MC500Dのみ
S・M 2サイズ展開 限定生産!!!
36.720円
スタンダード仕様のエラスティック(ゴムバンド)製カマーバンドも付属いたします。
スタンダードに戻しての運用も可能です。

※Sサイズモデル用専用ダミープレート 2枚セット 1.160円






ちなみにこちらも一通り再生産を完了いたしております!!
が、3色×2サイズを十分な数で製作できるほどx115xTAYLORの生産能力は高くありません涙 それぞれちょっとづつの少量再生産です。

x115xTAYLOR製
LV MBAV CLONE MODEL
KH500D/RG500D/MC500D
S・M 2サイズ展開

KH500D&RG500D<MARSOC MODEL>ラジオポーチ付カマーバンド・サイドプレートポーチ付属
34.560円

MC500D <STANDARD MODEL>CRYE社カタログ記載モデル (ラジオポーチとサイドプレートポーチのない標準状態のもの)
27.000円

※Sサイズモデル用専用ダミープレート 2枚セット 1.160円





ちなみに、外見をあまり変えずにある程度使いやすくする為に、こんなお助けグッズも製作いたしました。
4.両面が前面ベルクロのオス/メスになっています。内部には仕切り有。画像はM4マガジン用
5.MBAVの腹部に貼り付けて使用します。
6.カマーバンドを閉じると殆ど見えません。外見を崩さず実用的な容量を追加できます。
また、腹部が大きくベルクロ張りのソフトアーマー等にもご使用いただけます。

x115xTAYLOR製
MG INSERT
幅24cm×深さ15cm×厚み2.5cm
BK(ブラック)/RG(レンジャーグリーン)/CT(コヨーテタン) 3色展開
M4三本挿し/MP5&MP7四挿し 2サイズ展開(外寸は同じです)

各5.400円









I'm sorry.
cannot be shipped abroad.
It improves so that it may become possible in the near future.





<ご購入をご希望のお客様へ>
左テンプレート最下段[オーナーへメッセージ]からLV MBAV CLONE MODEL ご注文の旨をご一報ください。
その際、
1.ご希望の色とサイズ(Sサイズの場合ダミープレートの有無)
2.お客様のお名前 
3.郵便番号・ご住所 
4.電話番号 
を必ず明記お願いいたします。
お支払い方法は銀行口座振り込みのみとなっております。
また、生産数が極少量の為申し訳ございませんがお一人様1着とさせていただきます。
生産数を超えるご注文をいただいた場合、先着順での販売となりますのでご了承くださいませ。
部材があれば再生産は可能でございますが、相当の時間と労力が必要な為、次回生産は未定となっております。

x115xTAYLORの販売ポリシーとしてお品にご満足いただけない場合、
一週間以内、ゲームなど未使用に限り、返品もお受けいたします。
その際はお早めにご連絡をお願いいたします。



x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。


LV MBAV CLONE ADVANCED PROJECTは実はさらにもう一歩踏み込んだ所まで研究が進んでおります。
ちょっと量産できる域を飛び出しつつある感じではございますが、近々第二弾研究報告をさせていただけたらなーと考えております。



本日も長文にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

それでは皆様、ごきげんよう。


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 02:05Comments(1)MANUFACTURENEW PRODUCT

2014年06月01日

お洒落コンバットシャツ!!!



皆様お久しぶりでございます。
ロシアに海外旅行に行き、飛行機に乗り遅れ、モスクワの空港で8時間迷子になってさまよいました。
もし帰れなかったら、モスクワでテーラーをはじめるつもりでした。
再び日本の大地を踏めて本当によかった。。。。

どうもアノニマスでございます。


最近は製品紹介やイベントインフォメーションなどの記事が多かったので、たまには息抜きがてらアノニマスの私物製作記など紹介させていただきます。


さて、今回はファッションとミリタリーのオイシイ関係!という事で、ファッション寄りにミリタリーウェアをカスタムいたしました。
Tシャツ合体型コンバットシャツの製作記でございます。

元々このTシャツ合体型コンバットシャツは、まだコンバットシャツなんて存在しない頃、
兵隊さん達が、
「ジャケットの上からアーマー着るの不快だし暑い!」
みたいなノリからジャケットの袖をぶった切り、それをTシャツの袖に無理くり縫い付けて着ていたのが発祥のようです。

そのためもちろん決まった形状などなく、ベースとなるTシャツも完全な私物だったらしく超適当なチョイスです。
実際にはかなり伸縮性のあるTシャツ生地に硬く重たいBDU生地の袖を付けるのは服飾的考え方からするとかなりNGなのですが
兵隊さん型はなんのその!
オラオラと私物のTシャツをカスタムしていた模様です。

現在はコンバットシャツ自体が戦闘服のカテゴリーとして確立し、軍事衣料メーカーから非常に着易く高機能なコンバットシャツが多々リリースされているため、兵隊さんオラオラカスタムのコンバットシャツを見る機会はめっきり減ってしまいました。

しかし機能を突き詰めると、どうも似通ってしまうのがプロダクト(的)デザインの定め、
最新のコンバットシャツはたしかにカッコよく高機能ではありますが、どうも面白みにかける部分があります。

それに比べコンバットシャツ発祥時の兵隊さんカスタムは、不完全で、不安定で、しかしながら非常に個性的で面白く
どうにも魅力的に感じてしまいます。

この兵隊さんオラオラカスタムをファッション的なノリで再解釈してみよう!
とゆうのが、お洒落コンバットシャツの趣旨でございます。


実際x115xTAYLORでは以前からこのアプローチを行っておりまして、
マルチカム×Ne-netのにゃーコン、ウッドランド×アバクロンビー&フィッチのアバコン
と過去2度にわたってイベント記念でファッションブランド×ミリタリーのお洒落コンシャツを作製し、リリースしております。


こちらにゃーコン


こちらアバコン
※いずれも完売となっております。





これらお洒落コンシャツを作るたびに、自分用が欲しいなーと思っていたので、ついに作製いたしました!




ベースとなるTシャツは、DxExD fujiwara氏のブランドVALTACのTシャツに決定!!
REALMENT様でTシャツを購入してまいりました。
このTシャツは肉厚のボディを使用しておりコンシャツ化にぴったりです!!

REALMENT様 Tシャツ販売ページリンク

お袖の方はx69x兄さんが染色し、そのポケットだけをカスタムに使用、
「ジャケット本体はいらないからAN3にあげる!!」
と頂いた3Cデザート染色カスタムを使用!!

VALTAC Tシャツに染め3Cの袖、、、
むむむコレはイイ!!





早速はじめてまいりましょう!
まずジャケットのお袖をぶった切ります。
はじめてジャケットなどにハサミを入れるときはもったいないような、怖いような、なんともいえない感触になるものです。
しかし、躊躇してはなりません。






次にお袖にベルクロベースを縫い付けます。
あるいはポケット移植などを行う事もできます。
が、今回はポケットを付けず、軽めな感じでベルクロベースのみとしました。
その代わりベルクロベースそのものをエンブレム型にする遊びを取り入れました。
このベルクロベース自体の形状をひとつのデザインと捉えて遊ぶのは、非常にオモシロイです!!
ハートでも星でも、手間かかりますがスカルでも、ハサミで切り抜いて縫い付けるだけで遊べちゃいます。
しかもパッチを貼ると見えなくなるとゆう贅沢、、、
あるいはパッチと土台のベルクロベースの形状のコンビネーションで遊ぶなんて上級お洒落技も楽しめちゃいます。




両袖ともベルクロ化完了!!
このエンブレム型ベルクロは、同形状のパッチから採寸したものなのです。
お袖の加工はコレで完了です。




次はTシャツを加工いたしましょう。
こちらもお袖をざっくり!





お次は脇をざっくり!!
え!袖つけるだけなのに脇も開けちゃうの?!とお思いかもしれませんが、この方が楽なんです。




で、かっぴらいた状態で袖を縫い付けます。
ジャケット側の袖の太さと、Tシャツ側の袖の太さは基本的に合致しません。
そのためかっぴらいてTシャツ側にある程度合わせてジャケットの袖をつけ、あまった部分を切り取ります。
そのため、例えばピチピチサイジングのTシャツをベースにこのカスタムを行うと、腕が大変な事になります。
気持ち緩めのTシャツをベースにする事をお勧めいたします。
じぶんはあえてVALTAC TシャツのLサイズを使用しました。




両袖を縫いつけ、脇を縫い閉じたら完成です!とっても簡単です。
ちなみに夏用を意識したので五分袖でチョッキンしてしまいました。
きりっ放しの袖が、ほぐれてる感じとかオラオラ感があって好みです。




うーん!VALTACの白プリントが効いてます。





はい、完成したので、盛り付けてみましょう!!



せっかくのTシャツのデザインがしっかり見えるように!ということで
カスタムしたEAGLEのパトロールバンダリアのみの超軽装に盛り付けてみました。
2連のマガジンポーチをひとつラジオポーチとして使っているので、マガジンは2本しか携帯出来ません。
が、スッキリしたスタイリングの中に程よく怪しさとお洒落感があるところを目指してみたので、これでよいのです笑
装備にはまると一時、とにかく全部つけたい症候群的な病にかかりがち(自分もそうでした笑)です。
たしかにごちゃ盛り全部のせはボリュームが出てカッコいいのですが、間逆の引き算スタイリングもまたカッコいいものです。

その辺は正にfujiwara氏のコンバットマガジンでのスタイリングなどが最高にかっこよく、自分自身いつも参考にさせていただいている次第でございます。

さてさて本日はこんな感じでTシャツをファッション寄りにコンバットシャツ化して遊んでみました!
が、UOC以来全然ゲームに行ってないので、次のゲームで着てみたいと思います。

装備やBDU、銃などを新調するとゲームに行きたくなりますね!!!


お持込のTシャツとジャケットを加工して、あなただけのコンシャツを作製する事も可能でございます。
お気軽にご相談くださいませ!!
























久々、本日の一枚。



お洒落すぎるUO。

しかし、よくよく考えると色々と考えさせられる写真でもあります。













それでは皆様、良い午後を!
ごきげんよう。







  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 17:18Comments(1)MANUFACTURE

2013年07月02日

I LOVE PLATE CARRIER!!!!



おバカは高い所と水が好き。
水があると飛び込みたくなる男、アノニマスでございます。

先日はUOコンヴェンションにご参加された皆様、お疲れ様でした!
自分が所属したレッドチームはもはやまるで惜しくも無いほどぼっこぼこでしたが笑
最高にエキサイティングなメンバーで最高にエキサイティングなゲームが出来ました。

レッドチームの皆様、イエローチームの皆様、主催のfujiwara様&GSの皆様、RAID様
誠にありがとうございました!

第二回 UOコンヴェンションを切望しております!

また、装備フリーク達による生のUOスタイリングもまたかなり刺激的でした。
UOって何?と思われている方にはかなり参考になるスタイリングの宝庫でございました。
自分も参加者の皆様の写真を取らせていただきましたが、著名なミリブロガー様が多く参加されておりましたので、今後<UOコンヴェンション>で検索しちゃったりすると皆さんが撮影されたステキ写真と記事が拝見できそうです。

さてさて、本日はそんなUOコンヴェンションでも自分の体の一部として頑張ってくれた新造プレートキャリアーのご紹介です。
そもそも自分は、なんか無性にアーマー類とかヘルメットが好きなんですよね。
鎧兜ったら男のロマンじゃないですかw

いまや装備屋ですから、テッポウよりアーマーの方が興味が強くなりつつあります。
あ、でもテッポウももちろん好きですよ。

元々自分で装備を縫おうと思ったのも、自分にとって最高のプレートキャリアーを作るしかないと思ったからですし、x115xTAYLOR的には大本命のアイテムなのです。

そして、色々なアーマーやらプレートキャリアを研究したり作ったりすること数年、現在ある程度結論が見えてきました。
その研究の成果が本日ご紹介する
x115xTAYLOR製プレートキャリアシステム<XPC>
です。




まずはざっくり全体像を。

基本形は先日記事にしたAOR1 PLATE CARRIERでもご紹介させていただいたアーマーから踏襲しています。
お時間の許す貴方様、是非是非こちらの記事も一読いただけると幸いでございます。

コンセプト
機能の統合・簡素化・選択化
・SサイズのSAPIプレートもしくはチキンプレートとソフトアーマーを収納可能
・極力コンパクトかつ軽量でシンプルな構造
・腹部のメインコンパートメント部分をパネル化してモジュラー運用できる構造
・脱パルスウェビング
・カマーバンドをモジュラー化して多用なカマーバンドを使用できる構造
・防御範囲を選択できる構造



<SサイズのSAPIプレートもしくはチキンプレートとソフトアーマーを収納可能>
現在米特殊などではSAPIプレートのみを収納するプレートキャリア(JPCや6094など)が主流となりつつあるあるようです。

しかしながら状況によってはそういったプレートキャリアとソフトアーマーをレイヤーして使用することもあるようなので、ならば最初からSAPIプレートとソフトアーマーパネルを両方収納できる構造にしておき、必要に応じてそのどちらかのみを挿入しても使用できる方が良いのでは!

まさに機能の統合・簡素化・選択化。

逆に考えると、プレートキャリアーとソフトアーマーをレイヤーする場合、それぞれを包む布も肩バンドも
腹バンドも全部無駄に二重になるわけですから、超無駄とも考えられますよね、、

XPCは表面がかなりスリック状で全体的にするっとした形状にデザインしてありますので、これ自体を完全にスリックプレートキャリアとして着用して、その上からチェストリグを装備するなんて事も可能です。
フルプレートキャリアであり、スリックプレートキャリアであり、ソフトアーマーであり、その全てでもある。そんな感じです。

<極力コンパクトかつ軽量でシンプルな構造>
以前製作したプレートキャリアからパーツ点数を減らすように既にかなり意識して作っています。
XPCは他の多くのプレートキャリアと違い、前面と背面をつなぐベルト状のパーツがありません。
前面と背面のパネルがお互い筒状になっており、前面パネルの肩部を背面の肩部に挿入して固定しています。
この構造にする事で、背面パネルは立体的に肩と背中を包む事が出来る為、接地面積が増えてフィット感が増し、加重が分散するので着心地が良くなります。
しかも多くの既存のプレートキャリアに必要とされる肩部ベルトを包む別体のショルダーベルトパッドを背面パネル肩部分が兼ねている構造の為パーツ点数が減っています。
また、前面と背面をつないでいる部分は筒状で貫通している構造なので、中に厚手のパッドを仕込んだりする事も出来ます。

<腹部のメインコンパートメント部分をフラップパネル化してモジュラー運用できる構造>
最近、メイフラワーのアーマーなどのように、胸部にファステックスを配置してチェストリグと合体できるプレートキャリア等を見かけるようになりました。

XPCではさらに踏み込んで、カマーバンドを固定するフラップそのものをモジュラー化してコンパートメント兼用としています。
CRYEのJPCなどでフラップのコンパートメント化(お腹のカンガルー3連のこと)は既に行われていましたが、これをファステックスで着脱・選択式にしました。
用途に合わせてセットアップしたフラップパネルが複数あれば、数秒でプレートキャリアそのものの方向性をチェンジできます。

自由にフラップパネルを新造できるためかなりパーソナルな仕様などにも対応可能です。
また、このフラップパネルそのものを取り外した状態でXPCは純粋なアーマーキャリーとして着用できます。

<脱パルスウェビング>
なんかどうも、パルスウェビングが好きではないのです笑
本来共通のジョイントにする事で多様性を生むはずだったパルスウェビングですが、最近なんだか
ウェビングのためのウェビングになってるような気がするのです。

マガジンポーチひとつとってもウェビングの場合、
土台+土台のウェビング+ポーチのウェビング+ポーチの土台+ポーチの袋
が全部重なっているわけじゃないですか、しかしながら非ウェビングの縫いつけポーチであれば、
土台+ポーチの袋
で済んじゃうわけですから、もう倍ぐらい重さが違っちゃうのです。

厚みも両者で相当差が出ます。経験測ですが10mm~15mm位厚みが違います。
M4のマガジンの厚みは約22mm程ですから、パルスウェビングのための構造でM4のマガジンの70パーセント
ぐらいの厚みをロスしていることにもなります。

ちょっとお話が脱線しますが、自分は同じような理由で20mmレールも好きじゃないんです。
なんか、レールの為のレールになってると思うのです。
重いし、イガイガするし、ゆうてもほぼレール面積余ってるし、
レールの上からさらにレールカバーを被せるなんて、じゃあさいしょからレールいらんやないかーい!!的な。
やっぱりアメリカの人たちもおんなじことを考えたようで、最近実銃事情ではコンパクトで軽量なハンドガードに必要な部分だけレールを取り付けるような構造が増えてきましたね!
ナイツのURX3なんかがよい例でしょうか。

お話戻ってXPCでも、一番多様性が必要な腹部コンパートメントをモジュラー化して、それぞれ縫い付けのポーチで構成すれば軽くなります。

<カマーバンドをモジュラー化して多用なカマーバンドを使用できる構造>
前後面のレイアウトはともかく、脇部分の構造によってプレートキャリアの性格はかなり変わりますよね!
6094スリックやダイアモンドバックのFAPCのように割り切って脇を捨てているものもあれば、パラクレイトのRAVのように脇重視のプレートキャリアもあります。

脇の形状ひいてはプレートキャリアの性格を左右するカマーバンドを選択式にする事で、多くのシチュエーションや好みに対応出来ます。
自分は脇がモゴモゴするのが苦手なので、エラステックのみカマーバンドを使用しています。

その他にJPCタイプのロッコツカマーバンドや6094のような土台からしっかりした(しかもサイドプレートなどが収納可能)なようなカマーバンドを使用することも出来ます。


<防御範囲を選択できる構造>
XPC自体は軽量コンパクトに重きを置いて設計していますので、ソフトアーマー挿入可能なアーマーとはいえ
防御範囲はかなり少なめです。
その為ネックアーマーやグローインプロテクターの追加が可能なように設計してあります。



ふう、、
ここまでまとめるのに二時間半もかかってしましました、
ちょっとした大作映画ばりです。

お付き合いいただいている皆様、ありがとうございます。

ここで少し、眼を休めましょう。
20秒くらい遠くを見つめたりするのが良いかもしれません。
























眼、休まりましたか、




ここからは写真多めで参ります。



まずは、XPCのオプションを取って前面と背面に分割します。
前面は下半分ほぼほぼベルクロで覆われています。



ちなみに内部に挿入するのは、右側のSAPI/Sサイズです。
20mm厚の固めのウレタンボードをカットして、角を落として、自然な反りをつけています。
XPCはこのSAPI/Sサイズをエクストーリーム級にギリギリの胸幅で収納しています。
前面パネルの胸部幅は約235mm。外寸が既にSAPI/Mサイズより小さいのです。

この胸部幅は相当こだわっておりまして、ライフルやピストルを構える際腕部の動きを阻害しないようになっています。

ちなみに、自分がどうしてもSAPI/Sサイズにこだわるのにはもうひとつ理由がありまして、
以下の写真をご覧ください。



カッコイイですねー!!ワイルドですね!
どこの兵隊さんかとかあんまり詳しくないのでわかりません。ゴメンナサイ。

ここで見ていただきたいのは、兵隊さんの体におけるプレートキャリアの胸幅と着丈感です。
ポーチがついてゴツゴツしてますが、プレートキャリア自体は兵隊さんの胸囲に対して相当幅がせまいのです。
身長163cmのアノニマスさんが着用してこの胸幅感を出すには、やはりSAPI/Sサイズしかない!!
とゆうのがひとつの結論です。

アノニマスさんは身長はCQBサイズですが、わりかし骨格がしっかりしてましてずんぐりむっくりな体系です。
なので170cm級前半位までのスリム目な体格の方は同じくSAPI/Sサイズがカッコよく着れる適切なサイズ感かと思います。

しかしながらSサイズのプレートキャリアやアーマーが全然無いのは残念なことですが、
トイソルジャーさんとか、あのカンからコンのダミープレートをSサイズで作ってくれないもんでしょうか。




ではXPCに戻りましょう。
前面はサイドにサイドプレートポケットを配しました。
本来後付けオプションでもよかったのですが、自分用のXPCは展示モデルでもあるので少し詰め込んだ機構にしました。
胸部もポケット化して簡単な物が収納可能です。




そしてこの画像の通りCRYEのJPCタイプの後付けラジオポーチを使用できるようになっています。
この位置でラジオなどを保持すれば、わき腹部分のアーマーと重なっているので直接体に接触せずゴリゴリしません。
またこの上からカマーバンドで包んで保持する為、かさばらずかつカマーバンド側の面積も有効利用できます。
さらに、XPCの下半分がベルクロに覆われているお陰でこの部分にポーチなどを貼り付けることが出来ます。
あまりかさばらないツールナイフやピストルマガジンなどは、ほぼ容積を感じずに携帯できます。

もうひとつ、XPCは肩幅をかなりコンパクトに設計しています。
首の付け根と鎖骨の辺りで収まるくらいの幅です。
ココをコンパクトにしないと腕を肩ごと動かすとき、例えばバンザイなんかしたときに
肩の稼動域にひっぱられてプレートキャリアが動いてしまいます。
例えばCRYEのJPCなどはせっかく本体がそこそこコンパクトなのにもかかわらず、ショルダーバンドが妙に外向きなので、肩の外側に乗っかる感じになってしまって残念です。
(兵隊さんくらいの胸囲と肩幅があれば問題ないかと思われます。なのでJPC自体は悪くありません。)




内側は上半分はミルスペックメッシュです。
コンセプト柄、体にかなり密着するのでメッシュ化による通気性のアップは大切です。
首元にはネックアーマーを追加する為のベルクロがあります。




背面です。

脱ウェビングとかいっときながら、めっちゃフルウェビングですね、、
展示モデルを兼ねるので仕方が無いのですが、個人的にはやっぱりウェビングいらなかったなーと思ってます。
ウェビング無しのぬるっとした後姿は、新鮮でかっこいいですよ!
背面にバッグが必要だったら、リュックを背負えばいいのです。
MAP(モジュラーアサルトパック)みたいに背中にバッグがくっついているのは確かにカッコイイですがプレートキャリアを脱がないと物を自分で出し入れできないのは非常に不便だと思います。

「おやつ食べてえな、あ、MAPにいれたっけか」
とかおもってもすぐにはアーマー脱げませんから、たぶん後ろにいる仲間に頼む事になるわけですよ。

そんで
「わりい、MAPの手前のポケットの右下のあたりにスニッカーズ入ってるから出してくれい」
とか仲間に頼んでも

「手前って誰から見て手前でだよ、、、ゴソゴソ、、、、みつからねえよ、お前ほんとに入れたのかよ!!」
で、

「ええ?!なんでみつからねんだよ!あるってば、もういいよ自分で出すからー」
でも脱ぐのめんどいからおやつもういいや、

みたいになっちゃうわけですよ。

だからやっぱりリュックでいいのです。


さておき、矢印部分はカマーバンドの選択式を可能にしたフラップです。
CIRASのワイヤー集合場所みたいにべりっとあきます。
ドラッグハンドルはどっちでもよかったのですがなんとなくつけませんでした。



背面のフラップを開けると、内側はベルクロ張りです。
エラステックカマーバンドはここを起点にします。
またJPCタイプのロッコツカマーバンドも使用可能にするため、カマーバンドを通すループを設置しました。

JPCタイプのロッコツカマーバンドも軽量コンパクトで、かつ不気味なディテールが魅力です。




にょっきり伸びた背面肩部分。
まさに要項どおり背面とショルダーパッドが一体化された形状です。
アンテナなどを留めるベルクロループとEAGLEのDPCなんかについてるような着脱式エラスティックループをつけました。




前後面の接合部分。
前述の通り、非常にコンパクトな肩幅と立体裁断による造形で体にしっかり乗っている感じが見て取れるかと思います。



モジュラー式のメインコンパートメントの皆さん。
現在は三種類作ったのですが、ほんとはもっと色々構想があります。

今っぽいM4マグ3連カンガルー&ウェビングのスタンダード仕様

308系ゴツマグ×4本&ピストルマグ×2本&サプレッサーポーチのマークスマン仕様

M4マグ6本のライフルマン仕様

といった感じです。
あえて全て色違いで、色の差で違和感を演出できるようにしました。
リアルツリー系で作ったコンパートメントなんかもお洒落不気味感があってよいかなと思います。



それぞれをセットしてみました。
このメインコンパートメントの選択でかなり雰囲気が変わって見えますね!
着せ替え感覚で機能と雰囲気を変えられるのはかなり面白いです。


といった感じで、x115xTAYLORのプレートキャリア研究の成果といいますか、現時点でのひとつのアンサーであるXPCを紹介させていただきました。

このXPCは設計自体にかなり自由度がありますので、これをベースに貴方好みの特別仕様を作成することが可能です

なにかびびっときた貴方、一本とんでもないのをこさえてみてはいかがでしょうか?

7月7日はビクトリーショーに出店いたします!!!

このXPCも展示用に持って行きます。
気になった貴方、いじくったり試着したり実際に手にとって、直接お話できるよい機会ですので是非是非遊びにいらして下さいませ!!!


本日は超長文にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
結局書くだけで約5時間かかってしまいましたが、学生時代のレポートを書き終えたような妙な達成感がございます笑

それでは皆様、本日もよい一日を!
ごきげんよう。

  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:47Comments(2)MANUFACTURE

2013年03月28日

ナイトカモ狂乱



縫って。縫って、縫って。
指先がモールウェビングのピッチを覚え始めています

どうもアノニマスでございます。

会う方会う方にブログの更新はまだかと言われてしまいます。
スミマセン、一回更新するのに平均5時間かかってしまうため、なかなか気合がいりますよってご容赦くださいませ、、


さてさて今回はずっと前から何着もいじりまくってアノニマスさんのお友達界隈で今静かにブーム中の
ナイトカモのお話です。


そもそもこのナイトカモ、1980年代に米軍で開発された迷彩でDesert Night Camouflage
が正式な名称みたいです。
その名の通り、砂漠の夜間に旧型のナイトビジョンで見た時のカムフラージュを目的に開発されました。
実際に湾岸戦争では米軍の陸、空、海兵隊の三軍で使用されたそうです。
(ちなみに英語版ウィキペディアには英SASが使用したという記載もありました?ホントでしょうか?)
想定する敵のナイトビジョンの性能向上のせいか、あるいはそもそも全然効果が無かったとゆう噂もあったりで、世界のジャイアン米軍様が使用したにもかかわらずあっとゆうまにどマイナー迷彩となってしまった悲しき駄作迷彩です。
(間違っている部分があったらゴメンナサイ、、詳しい方優しく教えて下さい~)
しかしながら、ある意味元祖ピクセルパターン!!
80年代とゆうこともあり、どことなくファミコン感溢れるそのダサお洒落感が一回りして今、お洒落!!



なんとなく初代マリオが走り回れそうなパターン。
ODベースに濃いグリーンでグリッドとポタポタ染み柄がプリントされています。
ちなみにこのグリッドのマス目、前期後期があるらしく後期の方がグリッドが大きめです。

基本的にナイトカモはオーバーパーカーとオーバーパンツが作られたようです。
普通のBDUの上から重ねて着るやつです。
だからポケットはフラップだけで中貫通、下に着てる上着やトラウザーのポケットにアクセスする為ですね!

しかしながらナイトカモパターンのBDUジャケットやナイロン製品なども僅かに存在するらしく、どうにも
得体の知れないラインナップがまた怪しくて魅力的です。


実際の兵隊さんの写真。
ウッドランドのスピアーバルクスとミックスがバリカッコイイですね。
ちゅうか手前のナイトカモの人、マガジン何本持ってくねん!!と。
リアカンサバゲーマーか!と。




転じてこちらの兵隊さんはやや軽装。
ヘルメット見るにそこそこ最近の2000年台初頭?の写真なんでしょうかね、、
なんかチェストリグがAWSっぽく見えるんですが、このおじさんはデルタの人ですか?
肩口にベルクロベースを追加するカスタムを施してますね!


こちらもなんだか危なっかしさ溢れるおじさんたち。
右のおじさんが着た通りナイトカモパーカーは丈がめっさ長いのです。
パーカーってゆうか、もうコートの域
そしてもうひとつ、真ん中の兵隊さんの頭頂部が、もうお父さんの域

がんばれお父さん。

ナイトカモを着用してる兵隊さんの写真は少ないんですが、
そのどれもがちょっとフツーじゃない雰囲気で着用されており、危ないワクワク感をかもし出します。


そんなナイトカモにはまってしまい、そこはアノニマスさん。
ミシンを駆使してこのナイトカモパーカーをいじり倒して遊んだ約9ヶ月(現在進行形)
その愛と倒錯の日々。




これが初期のカスタムナイトカモパーカーさん
去年の夏の終り頃。
思いっきり丈をぶった切って、この時点で既に形状的にスニークフードを意識していたのです。
なのでJPC着てるんですが、そのプレートキャリアの上からナイトカモ着てます。
迷彩効果的なものはこの迷彩にあんまり期待してません笑
オサレですオサレ。


ロングコートばりの丈を思いっきりぶった切って余った生地で、
肩にポケット新造、さらにフードのつばを延長してます。
そのおかげで顔がぽっかりと影に落ちて不気味感たっぷりです。



こちらはるりるりコンバットゲームにお邪魔した際の写真。
左の友人PJ1は比較的オーソドックスにまとめたカスタムのナイトカモパーカー。
中央アノニマスは追加カスタム。
右は超奇跡的に偶然お会いした遠方のx115xTAYLORのお客さんMR.N。
そもそもこの自分のナイトカモブームはMR.Nとのメールのやりとりの中でN氏が発した
「ナイトカモでもカスタムしてもらおうかと思ってます」
みたいな一説から始まっているのです。



自分のナイトカモは、この時点で追加カスタムを実行。
頭に20mmウェビングでトサカを追加(たぶんメッシュスカーフとかカモフラージュネットを固定する基点みたいなもの)
つばを少しタイトにしぼり、耳にヘッドセット用のメッシュ切りかき。
で、右の写真の通り各種ヘッドセットをつけると動いてもフードがぺろっとめくれないヘアバンド効果を発揮しますw
耳にメッシュ穴が開いてるんで、ヘッドセットの音はクリアに聞こえます。
余った生地で地味にヘッドセットのバンドカバーもナイトカモで作製。




こちらは友人PJ1のスタイリング。
彼とはゲーム中に小芝居をする間柄です。
お仕事の都合で大阪に引っ越してしまいましたが、また小芝居して遊びたいものです!
飛行機自分で操縦して関東に帰っていらっしゃい!!
デニムを合わせたやさぐれスタイルですね!


ナイトカモパーカーは、
・丈をジャケットくらいまで短くカット
・シルエットを修正して程よくタイトに
(実際のナイトカモパーカーは重ね着用のオーバーパーカーなので超もっさりシルエット)
・肩にベルクロベースつきのポケットを新造
・フードのつばを延長/フードをタイト化
等などカスタム。
後にコレが基本仕様みたいになっていきます。




こちらは、自分の赤羽時代からの長いお付き合いでx115xTAYLOR本格始動にあたって
多大なる知恵とアイデアを与えて下さった恩人、MR.Mのナイトカモカスタム。

長身でスタイルの良いM氏に合わせてスッキリタイトに仕上げつつ、
氏の超マニアックでテクニカルなリクエストを限界まで詰め込んだ一着です。
そのカスタム箇所はほぼ全部分にわたり、もはや原型をとどめていません笑
例えば写真右上、5.11のタクティカルシャツのように背中がメッシュとの二重構造にカスタムされておりベンチレーション効果があります。
さらには右下のように透明ビニール素材で時計窓もついてます。
こんな感じで細部の隅々までカスタムされています。





どんどん増えていくナイトカモ小隊笑
なんと一番右は女の子!
巨大なナイトカモパーカーが女子サイズになる過程はいずれ紹介させていただきますね!





左/この日アノニマスは自分の二着目のナイトカモカスタムを着用。
スリーカラーデザートの1000Dで作ったLBT2199型ベストを合わせてみました。
やっぱりナイトカモにはウッドランドやスリーカラーデザートが良く合います。

右/ほぼアノニマスと同身長の友人が初代カスタムを着用。
マルチカモとMIX。なぜかそれはそれでカッコよくまとまっちゃう不思議。



こちらが上の写真でアノニマスが着用しているもの。
ナイトカモのスモック風カスタムです。
このころスモックとかゴルカジャケットのもつ無骨なもっさり感に惹かれるものがあって
ナイトカモで作っちゃいました。
ナイトカモパーカーは腹部にでっかい貫通ポケットがあるので、一旦その部分を切り取り生地を移植。
まっさらな状態にしてから前面4箇所、背面二2箇所、肩部2箇所にポケットを新設しました。
ナイトカモの余剰生地が足りなかった為、ODの500Dナイロンでポケット作っちゃいました。
やっぱり衣類に装備用のナイロン生地を使うとガシガシ感がハンパ無いですw
スモックとゆうことで内側にちゃんとウエストを絞るループつけてあります。



といった所で、ナイトカモへの偏愛をテーラー視点で綴ってみました。

ですがまだまだこれは中間報告に過ぎません。
なぜなら、まだまだナイトカモをいじりたいからです。

また、ネタと気合が
貯まったら<続・ナイトカモ狂乱>を記事にさせていただきたいと思っとります。






またまた直前ではございますが、
3月31日はビクトリーショーに出店いたします!!
四階のマップで見て左下の窓際Qブロックです。
今回もブログでは紹介しきれないアイテムや試作品など色々持って行きますので是非是非遊びに来てください!!!












本日の3枚







































バックブラストは、結構すごい。










それでは皆様、長文にお付き合いいただき誠にありがとうございます。
本日も良い一日を!!!






  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 07:26Comments(6)MANUFACTURE

2012年11月23日

AOR1 PLATE CARRIER



どうもご無沙汰しております。
コーヒー中毒準2級面接試験待ちのアノニマスでございます。


さてさて本日は久々の?テイラーねたです!!


AN3 MADE PLATE CARRIER AOR1

作ってみました、、デジで!!

生地は1000DのAOR1
ウェビングはデザートマーパッドですがご容赦あれ。


コンセプト
・SAPI Sサイズ対応 
先日現物のSAPI Sサイズを見る機会がありまして、あまりに程よいサイズにときめいた為
・極力軽く、かつシンプルな構造に 
余計に複雑なのは作っててめんどいので×
・一応フルウェビング
・だけどゴテゴテ付け足さなくても十分な収納力
・肩部分をベルト保持にしない
最近主流のLBT6094系やJPCなど、前後パネルをベルト上のものでつなげて、それを肩に乗せて着るような構造にせず、立体的な前後パネルが滑らかに繋がって体全体に加重が分散するような構造の実験。

最後がマジですね。






で、はい!!完成!!!
作る行程はあまりにも地味な為、省略です涙

基本パターンはチキンプレートから脈々と進化してきたものをSAPI Sサイズが入るようにアレンジしたものを使用してます。

写真では尺がぴんときませんが、小さいです。
マジで小さいです。
JPCよか小さいです。
LBT6094系なんて比較にならないくらい小さいです。

とゆうかそもそもコンパクトだと原宿の若者達の間で(なんのこっちゃ)騒がれているLBT6094。
自分には全然コンパクトじゃないんですよ!!でかいわ!!ものっそいでかいわ!!
断じて6094Bの話ではなく6094A(M/L相当)の話ですよ。
6094Bなんて着た日には完全に駅前のマン喫マンボーのサンドイッチマンの人ですよ!


さて我に返ってそもそものSサイズSAPIのお話ですが、自分が拝見したものはちょっと特別なものだったので
写真や採寸などはNGとの事でした。
なので想像で作ろうかナーと思っていたらちゃんとウィキペディアの英語版の方にサイズが載ってました。
幅222mm×高さ292mmだそうです。

ウィキさんにはなんとXSサイズまでサイズが書いてあったんですが、さすがに誰用なんでしょね。
幅184mm×高さ292mm、、、ほぼA4サイズです笑。

ちなみに逆にXLサイズは
幅280mm×高さ356mm
これはアノニマスさんの体で当てはめると、だいたいパトレイバーのイングラムAV98と盾のサイズ感、
もしくは陸戦ガンダムと盾のサイズ感

つまりはもうりっぱな盾です。取っ手つけてくれい!!!!と。






フロント腹部部分です。
一見JPCのような構造ですが、内部はJPCのようにAR用に仕切りを入れず、ベルクロを張り巡らせたカンガルー状態です。
専用のインサートを差し替えることによりMP7/MP5用、AR用、7.62マグ用それぞれ対応できます。
MP7/MP5であればこれだけでマガジン4本もてちゃいます。
モゴモゴポーチを追加しなくても十分な収納力を実現しました。




カマーバンド構造とカンガルーフラップ開閉の図。

まずカマーバンド。
ラジオポーチがついているように見えますが、これは縫いつけです。
昨今のプレートキャリアはラジオ収納スペースがデフォでついているものが多いですが、大抵はカマーバンドの内側です。
ですが体を覆う、前面パネル-サイド(カマーバンド)-背面パネルの輪の内側にあのごっついラジオを入れてしまうと、わき腹にゴリゴリ当たって不快な上、フィット感が悪くなってしまいます。
なので、思い切ってカマーバンドの外側にラジオポーチ着けちゃいました。

左右ともあるのでデュアルラジオも良し、片方はピストルなど挿すも良しです。
かなり高めな位置になるのでピストル挿すと若干抜き差ししづらいですが、自分はあまり気にならなかったです。
そもそもガスガンが苦手なアノニマスは、いつもエアコキG17挿してます。
小学生の頃からの相棒ですから涙(現在手元にあるのはおそらく5号か6号)


さらに写真の指マークの所!!一応カマーバンド自体も口が開き、中に何か入れられます。
が、小さいのでサイドプレートはたぶん4/1位はみ出ます。
ARのマガジンなど薄いものは入ります。





前面及び肩部分。
先の仕様通り、肩をベルト上のもので保持するのではなく前面パネルからそのまま後面パネルに繋がっていくような構造です。
脱いで地面に置いても肩周りのナチュラルな立体構造のおかげでふんわり首・肩のカーブを描いて立ちます。
透明のマネキンが着ているようなイメージでしょうか、、
それこそ6094あたりがハコのようにズンと立っている様とは随分違います。
毎度のコダワリポイントですが、この立体裁断ベースの有機的なカーブのおかげで
前後面を肩にベルトで引っ掛けているような感じではなく、
ちゃんと着て肩全体に面で接して加重が分散するようになっています。
着心地がめっちゃ良いです。

またこの構造は前面と後面の肩がそれぞれ筒状になっており中で繋がっているユニークな物です。
そのため画像の向かって右側の肩の様にハンドカフタイラップを後面パネル内側に収納したり、ハイドレーションチューブや邪魔になるラジオの配線などをアーマーの内側に這わせる事が可能です。




お次は後面肩周り。
なんとなくサイラスっぽくも見えますね。尺が3/2くらいしかありませんが笑
この肩の角度やカーブにアノニマスの情熱が詰まっているのです。もはや自己満ですね、はい。

珍しくドラッグハンドルもつけてみました。1000Dの布に50mmウェビング畳んで作ったハンドルをゴリゴリに縫い付けてあるので強度的には余裕で使用可能だと思うのですが、あまりココ持って引きずられたりしたくないもんですね、、






最後にAN3着用写真!!
本人も小さめ、アーマーも小さめ!!これでバランスが取れた気が!!
余計なポーチを着けなくても十分な収納を備え付けたので全体的にしゅるっとしたシルエットに。
ゴツゴツと腹部にポーチなどが張り出さない事を狙っていたので、まずはOKかと。
着丈がくそ短いですがこれは自分の好みです。
実際にはもうちょっと長くできます。

アーマー自体がコンパクトな事、さらに銃もコンパクトなことにより、この日アノニマスはAⅢパックひとつでゲームにいけました笑
靴も服も銃もバッテリーんも弾も全部含めてAⅢパックにおさまってしまった時はさすがに笑いました。


さてさて、これでまたかなり色々実験できてお勉強になりました。
また色々試してみたい構造が浮かんできたので、時間が出来たら作ってみようと思います。
しかしながら大変有難いことに色んなカスタムやオーダーが舞い込んで途切れることがなく、のんびり自分の赴くままにアイテムを作って遊ぶ時間がないのがシアワセな悩みでございます。

12月のVショーも出店予定です。なんと2日とも!!

サンプル品や試作品、さらにはちょっと凄いモノまで色々作って持っていく予定なので、無事ブースが取れましたらお買い物の帰りにでもx115xTAYLORに遊びに来てくださいませ。

気軽にお話相手になっていただけると、アノニマスはよろこびます。

















本日の一枚+




自由の国より愛をこめて



















ロシアより愛をこめて、




本日も長文にお付き合い頂きありがとうございました。

それでは皆様ごきげんよう。

  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:30Comments(4)MANUFACTURE

2012年07月03日

幻妖中隊 製作協力イタシマシタ。



どうも!
先週の登山明けからどうも風邪が治りません。
アノニマスでございます。

7月1日のビクトリーショーご参加の皆様、サムズの皆様、並びにご来場の皆様ありがとうございました。
薬を飲み忘れて熱でホワホワの状態でしたが、お久しぶりの皆様や、始めましての皆様と大変楽しい時間が過ごせました。

さてさて、本題でございます。
このたびコンバットマガジン8月号の「幻妖中隊♯mod.12」にて装備の製作協力をさせていただきました。

dxexd代表兼デザイナーであり、現在はコンバットマガジンのライターとしても活躍中のfujiwara氏。

そんなfujiwara氏が表現する非常にアヴァンギャルドなミリタリーMIXアートワークが連載されている幻妖中隊にテイラーとして協力させていただけたことは大変名誉で、有難いことです。

なにげにx115xTAYLORとしては雑誌初登場!!感涙モノです。

自分自身もテイラーであると同時にクリエイターでもあると自負しておりますので、同じ世界で独自の世界観を構築し、進化してゆくカリスマのクリエイションに携われることは最高に刺激的な体験です。

僕のブログにしろ、モノ造りにしろ、装備のスタイリングにしろ、fujiwara氏からうけた影響はとても大きいでのす。

そして自分と同じように影響を受けたミリタリーフリークもたくさんいると思います。





レース使いが美しく、狂気に満ちたナイロン装備。。。

実はファッション科の学生時代もアパレル時代もあまりレースに携わる機会のなかったアノニマス。
初めて縫いましたがこれは非常に面白く、可能性を感じました。

なんとコレ一着仕立てるのにレースをほぼ2メートルも使用しています。贅沢!!





今後も自分に協力できる事があればどんどんお手伝いしていきたいと考えております。
どんな新しいデザインに出会えるのか本当に楽しみです。


それでは皆様ごきげんよう。  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 13:26Comments(2)MANUFACTURE

2012年06月16日

定番BDUカスタム A-TACS FG



どうも、かれこれ2年半近く家のTVが映りません。
光何とかケーブルってやつをつながなければならないらしいのですが。

サッカーもAKBもどこ吹く風。


お久しぶりです。アノニマスでございます。

さてさて、ブログの更新をお休み(サボり)している間も、自分のミシンは絶え間なくブン回っていたわけでございます。



大変有難いことにオーダーメイドやカスタム、お直し、雑誌のお仕事のお手伝いなどたくさん面白い依頼を頂き、楽しく忙しい毎日を送っております。



本日は、そういえば詳しくはご紹介していなかった定番BDUカスタムをクライアント様のご厚意の基に公開させていただきます。








はい!アノニマスの得意技にして人気メニュー!!
コンシャツ化でございます!

今回はプロッパーのA-TACS FGをベースにアンダーアーマーの高機能系Tシャツを合体させました。




1.元になったジャケットがACUタイプのファスナー開閉だったので、特徴的なスタンドカラー(襟周り)をそのまま活かしてTシャツと合体させています。
既存の各社コンシャツとは違った雰囲気が出ますね。

2.背面は脇下のラインからTシャツ素材に切り替わります。
もっと上からTシャツ生地に切り替えることも不可能ではないのですが、異常にテクニカルになり生産性が落ちる(コストが上がる)事になるので通常はこの仕上げになります。

3.アンダーアーマーの名残w
Tシャツの類を合体させる場合、着丈を稼ぐ為にTシャツの背中部分をコンシャツでは前身に、逆にTシャツの前身をコンシャツの後ろ身に使います。
そうしないと工法上、着丈がやや短くなってしまうのです。
なので極端な話、バックプリントTをコンシャツ化するとプリントが前面に出ます。
まあセンターにさっくりファスナー入っちゃいますが、、
このアンダーアーマーTシャツの場合、ネームタブが右前面腰部分にあったのでコンシャツ化にあたり、背面左腰にネームが移動してます。

x115xTAYLOR コンシャツカスタム詳細!!

1.ベースとなるジャケットはお持込みになります。(ご自身の適正サイズでご用意下さい、サイズの縮小などもセットでご依頼の場合、基本料金に加算が発生いたします)

2.合体させるTシャツはご希望の物がある場合、ジャケットと一緒にお送り下さい。
サイズはご自身の適正サイズよりかなり大きなものをご用意下さい 例・ジャケットSサイズに対してTシャツXLサイズ等

ギンギンのタイトフィット系など高伸縮なものはかなり大変なのでご相談ください。
特にご希望がない場合ユニクロのドライTシャツ(濃い目のODかブラック)を使用いたします。肌触り、着心地、洗濯などの耐久性、どれをとっても高得点です笑
また、ユニクロのTシャツをご使用の場合、Tシャツ代は基本料金に含みます(ささやかながらサービスです)

3.ネック部分のファスナーはブラック、ブラウン、ODの三色をご用意しております。
(シャネルからイーグルインダストリーまで!!世界のYKK製!!)
特別ご希望がない場合、ジャケットやTシャツなどの色味にあわせて自分がチョイスいたします。
ファスナー代は基本料金に含みます

4.肩部分にポケットを移動し、ベルクロベースを縫い付ける場合ベルクロはOD、BK、CB(コヨーテブラウン)からお選びいただけます。米国より輸入したミルスペック品です。
肩部ポケットに使用するサイズ位まではベルクロ代は基本料金に含みます
もっと贅沢?に腕中ベルクロ化したい等、変態的なカスタムを施したい場合はご相談下さい。


上記のカスタム内容が基本仕様となります。
コンシャツ化基本料金 ¥10.000
往復送料及びお支払いの際の振り込み手数料はお客様負担となります。


尚、今回紹介させていただいたA-TACSのカスタムの場合、元々肩にポケットが着いており、上記詳細4項を行う必要がない事から¥2.000割引させていただき、¥8.000にてカスタムさせていただきました。


ベースとなるジャケットやカスタム内容によってお値段が前後することがございます。
逆に言えば、貴方の為だけのカスタムですから、多少ワガママ言っちゃってください!!
物理的・技術的に可能な事でしたらアノニマス頑張りますので。








さらに今回は、トラウザーもばっちりカスタムさせていただきました。





ぱっと身コンシャツ化程がらりと印象が変わらないのですが、ワタクシアノニマスはパンツのカスタムに関しては並々ならぬ情熱と研究を行ってまいりました。

その辺の遍歴は
XTREME BDU を カスタム
TRU-SPEC MULTI CAM BDU を カスタム

のあたりをご覧いただけますと幸いです。



クレイのコンバットパンツなんかもそうだと思うのですが、BDUの場合細部に凝り始めるとジャケットよりはるかに複雑で手間のかかるのがトラウザーです。



いつもの長くなる余談ですが
あのクレイのコンシャツ&コンパン、流通価格は上下でちょっとしか値段差がなかったかと記憶しているのですが、明らかにパンツのほうが手間かかってるんですよね笑 もう倍くらい。
と、言うことは、

パンツが元々サービス価格なのか、、
ジャケットががっつリ利益乗ってるのか、、、、
両方なのか、、、

謎は深まるばかりです。

さておきあのコンバットパンツ、本当に細部までよく研究されて作られており、何度見ても感心してしまう逸品です。
なにかこう、日本人のおもてなしの心?のような着用者への配慮がちりばめられておリ縫製もなかなか綺麗です。
個人的にはあの作りこみで本国生産を考えれば流通価格はほぼ妥当だと思います。
あんなコスト度外視な戦闘服を兵隊にバンバン配れる(特殊部隊中心とはいえ相当な規模ですよねあのお国、、)
いやはや恐ろしい国です。

けどそんな褒めちぎっといて、実は自分ではコンパン所持してないんすよ。
理由はいくつかあるのですが、ひとつはなんかテーラーとして悔しいからでしょうか笑あとは自分の場合、毎回ゲームごとに装備やBDUを変えて色々スタイリングして遊ぶのが好きなので、
BDUとかはとにかくいっぱい数がほしいわけですよ!!

装備スタイリングはお洒落の一部だと思うので、例えばウッドランドのパンツでは、旧型キン細スキニーカスタム、新型中細カスタム、新型機能詰め込みまくりカスタムの三本立てで所持してたりします。
そうなるとBDUだけで色んな色・柄・形の上下20着位、、もしかしたらまだあるかも、、、位の数を買うので、一点豪華価格のクレイコンパンは手が出ない涙というのもあります。



さてお話を戻して、今回のA-TACSのパンツのカスタムの詳細を紹介してまいりましょう。






4.まず特徴的なのは大腿部前面のミニポケット。
クレイの影響受けまくりですね笑 実際ピストルマグくらいまではすっぽりのこのポケット、超便利です。
コンシャツ化により余ったジャケットの生地を利用して新規に作成しました。
大腿部前面にクレイ風ミニポケット新設(左右)¥3.000

5.大腿部側面のカーゴポケットは深さをやや浅くし、構造の限界まで上に移動しています。
欧米人に比べ、どうにも足が短い日本人にはこのポケットどうにもヒザ位置にどんぴしゃしちゃいがちなんですよね涙
なので実用位置かつカッコよく着れる位置=かなり上めに移動しています。
大腿部ポケット移動(左右)¥2.000

6.大腿部のカーゴポケットをガンガン使うにあたり、ボタンからベルクロに固定方式を変更。
フラップ側のベルクロのレンジをタテに広くとってあります。
これによりフラップを手探りでばっと被せるだけでちゃんとベルクロとまります。
大腿部ポケットフラップのベルクロ化(左右)¥2.000

7.大腿部ポケット内にはエラスティックバンドを内蔵。ライフルのマガジンやペットボトルなどを保持できます。
クレイのパンツをはじめ、色々なオペレーター系パンツでこのエラステック内蔵やってますね。
大腿部ポケット内にマガジンその他保持用のエラスティック追加(左右)¥1.000


この5.6.7のカスタムで足短を際立たせるだけだったあの大腿部(でも着るとヒザ位置)カーゴポケットが
簡易的ダンプポーチ兼マガジンポーチ&気持ち足が長く見える美脚ディテールへと生まれ変わります。


8.足首部分にはストラップとベルクロを追加。きゅっと締めて異物がブーツに入るのを防ぎます。
コレもクレイを参考に。
クラシックスタイルでパンツの裾を9ホールのタイトなブーツにたくし込むのもかっこいいですが、あれいがいと中でモゴモゴして不快ですしそもそも最近のトレック系のブーツはミッドカット位が主流なので裾突っ込めないですねw
そこでこのフラップ!ブーツの外からきゅっと!!
コレもコンシャツ化して余ったジャケットの生地を利用して新設しました。
足首部分クレイ風ベルクロストラップ化(左右)¥2.000


9.最近のBDUはヒザの補強パッチ部分がポケットかされているものが多く、中に薄いパッドが仕込めたりします。このA-TACSのものもその類。
しかし例によってせっかくのヒザあてが着てみたらスネにどんぴしゃなことが殆んど涙
今回はパッドポケットとしての機能を保ちつつ約10センチほど上に移動。
ヒザ補強移動(左右)¥2.000


さらに上記のカスタムを施す為には内股をかっぴらく必要があります。
逆に言えばかっぴらいたついでに内股からシルエットを自由自在に補正も出来ます。
今回は少しだけ細くし、ひざ下のテーパーをややストレート気味にしました。
股開け閉じ(シルエット補正含む)¥3.000


上記のパンツのカスタムは合計¥15.000となります。

先ほどのクレイの話にもどりますがやはりジャケットの倍手間がかかってしまうと、お値段も相応になりますね汗

パンツの場合、特にセットメニュー的なものがないため、詳細は上記のようにディテールごとにお値段を加算させていただく形をとっております。

他にもベルトループのワイド化や追加、ウエスト詰めなどまだまだ出来ることはございます。
是非是非ご相談下さい。







はい!!というような感じで今回はコンシャツ化などBDUカスタムの詳細をご紹介させていただきました。
皆様が愛銃を丁寧にカスタムするように、第二の皮膚または鎧たるBDUやナイロン装備などをカスタムする楽しさを知っていただけるよう今後も精進いたします!!




ちなみに次回Vショー出店予定です。
詳細は決まり次第こちらでお知らせいたします。

よーしなにか皆さんが欲しくなる様なものを作りましょうか!!
こんなん欲しいみたいなアイデアなどもコメントORメッセージいただけたら大変嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



そんなアノニマスの完全オリジナル装備!!
CHEST RIG C33BW

ラスト一着在庫がございます。





















本日の一枚



だーーーーいじょぶだって!!俺エースコンバットやりこんでっから!!





本日も長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:31Comments(4)MANUFACTURE

2012年01月23日

AN3 MADE  C-PLATE CARRIER!!



ね、眠い!!

どうもこんにちわ、もといこんばんわ!
アノニマスでございます。

元旦以来休みが無いことは、貴方と自分だけの秘密です。



さて、大変有難いことに最近ずっと途切れずオーダーをいただいており、なかなか自分の物を作れなかったので、反動でドドンと自分の装備をこしらえました。
今日ご紹介するアイテムは前回の箱田氏戦直前に作成したアイテムです。

AN3 MADE  C-PLATE CARRIER!!

ざっくりコンセプト
1.チキンプレート専用 トイソル製のやつにじゃすとふぃっつ!
2.超軽くて超コンパクト CQB身長のアノニマスにじゃすとふぃっつ!!
3.立体裁断 テーラーの意地 LBTやらEAGLEには出来ない繊細な事をやろう!!
4.拡張性を持たせる 変形合体とかさせたい。
5.カッコよい 趣味。

最初はLBTの6094スリックみたいな物を想像していたのですが、設計していくうちにだんだんとチキンプレートになっていったのです。

素材にはコーデュラ500Dナイロン マルチカム柄を使用
フロントパネルのモールウェビングにはマルチカムプリントのものを使用




では早速、四面図から見ていきましょう。

フロント
これは自分とほぼ同体格のかなり小柄なマネキンに着せているのですが、それでもかなり体を覆う面積は少なめ。
着丈もかなり短めが好みなので、自分が実際に着るとへそ上どころかみぞおち上ぐらいの超ショート丈。
余談ですが、チキンプレートって実際あの大きさで180オーバーのマッチョな兵隊さんが着てちゃんと守るところ守れるんだろうか、、、
多分よだれかけみたいなんだろうなと。

サイド
とにかく薄い!!プレートキャリアには5mmのやや硬めなスポンジを縫いこんであるのですが、プレートとスポンジの重なった厚さでさえこの程度。
瓦のようなSAPIとは全然違いますね笑
ちなみにまた余談ですが、モノホンのチキンプレートはどの程度の防弾能力があるのでしょうか?
あれでAKの弾止まるようには見えないんですが、、詳しい方ご教授下さい。

ちょっと服飾技術的なお話になります
サイドからの写真でも注視すればわかるのですが、人間の体は胸面より背面のほうが面積が大きいものです。
また割腹の良い人でなければ胸囲からウエストに向かって徐々に細くなっていくのが自然です。
が、どうもアメリカ人の装備屋達はその辺を全然考えてないように見えてしょうがないのです。
ドラム缶に鉄板をくくりつける袋のような大雑把なアーマーが多いんですよ。
動きづらいし、なんか肩にくい込むし、ずれて前に垂れてくるし、なぜもう少しその辺を考慮しないのか不思議です。

バック
フロントに比べてかなり高い位置でプレートがホールドされる構造になっています。
ベルタイのハガーも同じような位置でSAPIをホールドしてますね。



テーラーの技術の見せ所、肩部分前後。
元々軽いプレキャリなのでそんなでもないんですが、、
荷重がしっかり面で体に乗るように立体裁断でパターンを作りました。
自分が学生時代から得意としていた技です。
肩全体に吸い付くようなフィット感(さすがに言いすぎかも)






フロントパネル、バックパネル、サイドバンドとゆうシンプルなパーツ構成。
また、サイドバンドの代わりにモール付きのカマーバンドを仕様すれば、これ単体でちゃんと戦闘装備が出来ちゃいます。
コンセプト4の変形合体を実現しました笑
サイドバンド、カマーバンド共にバックパネルに固定するベルクロバンドは二股に分かれています。
これによって上下でバンドのきつさを変えて、体にフィットさせることが出来ます。



前後とも下部分が封筒状に開閉し、プレートが出し入れできる構造です。
バックプレートにガムテープが巻いてあるのは以前誤ってふんずけて割ってしまったからです





サイズ感を比較してみます。
上は一般的な雑誌と比べてみたところ。フロントパネルのサイズとほぼ同寸ですね。
下はベルタイのスリックハガーMサイズとの比較。





カマーバンド単体図です。
フロントスプリット仕様で着脱らくらく!!
しかもカマーバンドにはなんとサイドプレートポケットが!!完全な自己満ですね、小さいので実際のスモールSAPIは入りません笑





カマーバンドを使用した戦闘装備状態のC-PLATE CARRIER
せっかくコンパクトなプレキャリなのであんまりモノをくっつけずにシンプルな配置。
EAGLEのM4MGダブルRG、パラクのラジオポーチRG、EAGLEのSR25MG。
前回の箱田氏戦はこのセッティングで参加しました。




で実装こんな感じです。
画像使いまわしですみません、、
ガチモリモリ装備も好きですが、最近はこのこざっぱりスマート感がお洒落な気がするんです。




ちなみに以前作ったハガー用チェストリグ、GRENADIER ASSALT CHEST RIGもそのまま合体できるように作ってあります。
ボリューム感めちゃめちゃですやん!!
とはいえ自分で作るものはこういった意匠を反映させられるのでどこまでも拡張できて面白いです。



はい!!眠いです!
といった感じで今回、オリジナルアイテムを紹介させていただきました!!
自分的にはかなりお気に入りな一品が出来たと思っております。
現在、生地や材料を海の向こうに大量発注中なので、それらが届いたら別の色でも作ってみようかなと画策中でございます。

量産したら欲しい方はいらっしゃるのでしょうか!!
通りすがりの貴方でも、コメントいただけたら嬉しいです。

















今日の一枚





かの国は、なんてったって手数が多い。


本日も超長文にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 03:00Comments(13)MANUFACTURE

2011年10月11日

ドラグノフ用マグポーチ製作



皆々様様、お久しぶりのアノニマスでございます。
どこぞにサイバーアタックを仕掛けるハッカー集団ではございません。

iPhoneの余り容量が29.7GB程あります。
電池が4日持ちます。
あれは只のお洒落電話です。


つまりITにめっぽう弱いアナログ人間、それが私、ANONYMOUS No.3 !!!

そもそもファッションや、縫い物とゆう行為がかんなりアナログ。
素材に多少の進化あれど、針と糸で布を縫う、とゆう作業、

手動が電動、多少コンピュータ制御になったくらいで1000年じゃ利かないくらいずーっと根本が変わってないのです。
そんな世界を愛する私が、このブログをどうにかやってることが奇跡!!

泣きながらHTMLをお勉強したのは言うまでもありません、、、
だってミリブロのテンプレ、、、

アレなんだもの、、


さておき、そんなアナログなTAYLORの話題

x115xTaylor である自分の本業?!ですね。


今回は先日オーダーいただいて製作したSVD(ドラグノフ)用マガジンポーチを紹介します。
<クライアント様のご厚意により記事にさせていただきました>

モール対応でマガジン一本入れ、色はマルチカム、500Dナイロン、エラスティックバンド無し、フラップはタブ無し、フラップ表面にベルクロを、、、
等など、実際にお会いして色々要望をお聞きして作りました。

要望は相当細かく聴きます、そのほうが設計段階で具体的になってくるからです。
マガジン1本を実際入れたとき、ややゆるいのがよいのか、ぴったりで逆さにしても落っこちないくらいなのか、、
位微妙な所まで聞いちゃいます、オーダーメイドの特権ですね笑


で完成したのがこちら!!

ほぼほぼ正方形。

マガジンの寸法を測り、布の遊び分量等をだいたい予測して作るのですが、試作1号はなんだかゆるゆるになってしまい、敢え無くボツりました。
写真は2号です。

それでも1号と2号の寸法差は12mmくらいしかないので、マガジンポーチにねらったフィーリングのホールド感を求めると、かなり微細なサイズ取りが必要ですね。

同じメーカーのマグポーチを大量に集めたりすると、所によってキツイ、ユルイがあると思いますがそれも±5mmにも満たない個体差からくるものだと思います。





さらにもう一個製作!!こちらはクライアント様より
何か今までにないポーチをとゆう職人冥利につきるフリーダムなリクエストをいただき作製した品

まさかの上下両開き!!かなり遊ばせていただきました。
プローンしているとき、そうでないとき、色々考えたらどっちからでマガジンにもアクセス出来たほうが便利じゃないか?!とゆう発想を具体化してみました。

使い勝手は上々だそうで、現状の気になる点をフィードバックしてもう一回作ったら完璧になるのではないか、とクライアント様からお話いただきました!!  感謝!!
こうやってオーダーを通してノウハウを構築させていただけるのは本当に有難いことです。

私アノニマスは皆様とともに進歩いたします!!



はい!!並べて記念写真!!モールチェストリグに着けてみました。
感じなかなか良いですね、正方形のポーチが腹部に連続して並んでいるのはなんだか新鮮で、不気味でもあります。
ちなみに右端のがボツ1号、左端が完成2号、、ぱっと見殆んど同寸ですが僅かな寸法差が運命を分けました。



こちらは同じくオーダーいただいたARマガジン3本がジャストサイズで収まるミニダンプポーチ!!折りたためて、サイリウムホルダ付き、素材同じくMCの500D!モール、デューティベルト両方対応!!

これまたジャスト寸法を出すのに何度か戦死者を出しました。試作はほんと大切な作業ですね!


とこんな感じでナイロン物も作ります!!
BDUカスタムだけじゃあございませんよ 私アノニマスは!

どうしても納得のできる一品が欲しい方、ご相談下さい

貴方の為だけのフルオーダーですから正直安くは出来ません。
ですが別に余計に利益を出す為にやっているわけでもないので、けっして高くはないと思います。






余談ですが先日生まれて初めて富士の総合火力演習に行ってきました。
友人のつてで運よく予行日のチケットが手に入ったのです。

しかしアレはマジで凄いですね、、ミリタリーフリークな方、是非とも一度行ってみて下さい。

感想を一言で言いますと、、

戦車マジ怖ぇぇ

戦車砲の音は凄いぞーなんて聞いてはいましたが想像を軽く絶してました。
音で大気が弾ける感じ、一発目はトラウマです笑

あと弾、マジ速ぇぇ

もちろんミリマニアの端くれですから戦車砲の初速がトンデモナイ事くらいは知ってましたが、体感するとまた全然違いますね。

他の砲やらミサイルだと2KM先?くらいの標的に

バン!!、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ドーーーーーーン!!


くらいの感じなんですが、
90式のは、、

バン!!ドーーーーーン!!!

みたいな、、、弾はっや!!


元傭兵の高部さんの手記に、戦車と相対する恐怖感を刻々と綴っている部分があったように記憶しているのですが、
確かにあれがこっちに向かってきたら心底怖いだろうなと思いました、、


さてさてそんな総火演、
私、アノニマス的持ち込み実験企画!!

PELTORのサウンドカット機能は、戦車砲の音もちゃんとカットできるのかなーーーー実験!!!!!


コレもんが


コレもんでどうよって話ですょ





まわりの家族ずれに若干変な目で見られながら勇気を振り絞ってさっくりヘッドセットかぶり実験した結果!!





音、カットしてます!!!すげえ!(当たり前なのかもですが、、)



あのトラウマ音が、花火大会の河川敷くらいに軽減されてます。
たぶん音が衝撃波的に体にぶつかっているので骨伝道気味に多少の音が聞こえてしまうのではないかと、ロジック超適当ですが。 そんな感じ!!


あるのとないのじゃ全然ッ違いますよー。
みなさんも戦車と喧嘩する際には是非PELTORのサウンドカットをお手元に。
























今日の一枚



海外の駐車禁止は厳しい。




本日も長文にお付き合いいただきありがとうございました。
もうちょっとマメに更新するように頑張りますので時々見に来て下さったら嬉しいです。


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 02:13Comments(5)MANUFACTURE

2011年06月17日

Grenadier assault Chest Rig



またまた久々の更新となってしまいました、アノニマスでございます。

前回の記事でもちらりと写真を載せたアレ、気づいてくださった方がいたら嬉しいのですが、、

作りましたよHUGGER用オリジナルチェストリグ!

HUGGERに着いてる腹巻みたいなチェストリグ、アレどうもマジで死ぬほど使い辛いのですよ。
前も書いたかもしれないですけど、完全に設計倒れだと思うデすよ。

分厚く物を詰め込んでくれって構造なのに、マチ計算してないし、底面無いし
体の湾曲にまったく沿わないし涙

とりあえず作った感がハンパ無いのです。

なのでそのうち自分でもっと良いの作らなきゃなーて構想がありまして、

今回やっとこさ実施いたしました。





で、デザインするにあたって、自分的に求めた機能はまとめると以下の通りです。

モールシステムを使わない
ARマガジンが最大10本以上入る
AKマガジンが最大10本以上入る
MP7のマガジンが大量に入る
ダミーラジオが入る
特小無線が入る
アンダーライト着きのピストルが入る
極力軽く
極力コンパクト


もう妻込み放題過ぎてコンセプトが意味不明ですよ。

まずモールが嫌いなんですね、自分。
どこに何ポーチが着くとかっておのずと決まってっません?
ましてサバゲだと特に。
そりゃお腹のど真ん中にどっかりユーティリティ着けたいっすよ、自分だって笑
けどリアカンファイター的にそんな大事な場所にオシャレディティールやら小技を効かす余裕ないじゃないですか、、
LBTの6094とかカンガルーにさり気に挿した、たった3本のマガジンで、いったい何が出来るってゆうんだーーーー

アパーーーム!!!弾もってこーーーーーい!!!!!

って話ですよ。マガジン携帯数が一番大事なんで。
そしたらもうどうせプライマリーのマガジンポーチじゃん、モールいらないっしょってなっちゃったのです。

そして度々記事にしてきたMP7を投入するにあたり、対応できるリグがまったくなかったのも今回のチェスリグ作りの大きな動機になったことは言うまでもありません。

つまり上の要求する機能を要約いたしますと

ARかAK用としてガチで使えて、けどMP7用としてもガチで使える

とゆう水陸両用MS的なかなり無理くりなコンセプトになっちまったわけですよ。

でARのマグポーチにカンガルー状態でズラズラとハンドガンマガジンポーチ×6みたいなチェスリグを考えたのですが、
なんかハンドガンマガジンポーチが10本とか着いてるチェスリグってどうもソレっぽくないと思いません?
お前何したいねん、、、みたいな。

で、デザインのソレっぽさと機能の合致点を模索していた時、ハンドガンマガジンポーチをズラズラ着けるんじゃなくて、40mmグレネードポーチをズラズラ着ければグレネーダーになってソレっぽさが成立するじゃんて結論に至りました。

ハンドガンマガジンポーチと40mmグレネードポーチは寸法的に近く、ハンドガンマグ2本いれ位でちょうどモスカートもすっぽり
な感じなのでどっちにも使えて合理的です。



はい!!
で全体図画がコレ。

40mmグレネードポーチ×10(ハンドガンマグ・MP7の20連マグを最大20本収納可能!!!?)
AR/AK2本いれポーチ×4(ダミーラジオORハンドガンも収納可能)
AR/AK1本いれポーチ×3(中央部)
特小無線が入るユーティリティポーチ×2


しかも体格がCQBサイズのアノニマスに合わせて胸幅をかなりコンパクトに設計しています。

総制作時間は30時間位。

技術的には全然余裕なんですが、延々続く反復作業が結構大変、、、

なつもりだったのですが、先日のゲームでとある東京の装備のBAKAなあの方から、

「あ!じゃあ一日ちょっとでできますねー!!」

とお言葉いただきましたww

出来ません笑

一日8時間ひたすら縫ったって4日、、 実際は3時間位の作業が10日続いた感じでしょうか笑

家にあるナイロン軍団からアレコレ採寸したり、地味な研究も出来たのでかなりノウハウが蓄積できました。
これから暫く使ってみようと思います。


てな感じで私,ANONYMOUS No.3はBDUやらナイロンやらをカスタムしたりオーダーメイドしたりする技術がございます。

自分の満足できるギアが作りたい!!とか、BDUのココが気に入らない!!
みたいな事にお悩みの貴方、お気軽にメッセージ下さい。

久々に告知とかしてみました、、











今日の一枚




すげぇ緊張感だな
一発目誰かな







本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。




  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 00:22Comments(7)MANUFACTURE

2011年04月18日

AN3 ORIGINAL ChestRig!!



はい!!
とゆうことで、前回のユニオンベース定例でx115x DRESS CODE の為に、急遽思いつきで作ったチェスとリグを紹介したいと思います。

傭兵スタイリングのキメアイテムを求めて中野ブロードウェイのユーロサープラスに買い物に行ったときに見た南アのP83チェストリグがナカナカかっこよくて、漠然と頭の中に浮かんだそんなようなチェストリグを、これまた徒然なるままに仕立てたものです。

左の写真が南アのP83チェストリグ<間違えました!お勉強してきます笑>、でEO社の人らしいです旧南アフリカ国防軍の第32大隊の隊員だそうです<今回あっちこっち間違えてしまいました!すみません>。
右はローデシアのローカルメイド。荒々しいチェストリグ使いにインスパイアされるものがありましたので、、


で、ゲーム前日の朝、さらっと書いたイメージ図が左
そのままさらっと縫った完成品が右。
サイドのポーチのレイアウトが、思いつきで変わりました。

今回は傭兵的なダーティでローカルメイドな雰囲気を出す為にあえてちょい古なディテールにしてあります。
昨今のThe特殊部隊チェストリグもカッコ良いですが、それでは傭兵スタイリングにならないので。
ファステックスもITWとかはあえて使わず、登山用品店にてザック用のバックルを買ってきました。
生地はコーデュラ1000DナイロンのODを使用。家にワンロールダブル幅で在庫があるもので笑


コンパクトな体格のAN3に合わせてチェストリグもコンパクトにデザイン。一般的なチェストリグよりフロントストラップの付け幅を数センチタイトにしてあります。
AK2マグポーチ×3 グレネードポーチ×2 ユーティリティポーチ×1


胸には一応マップケース的なカンガルーポケットを付けましたが、多分使わないですね笑
土台部分の補強的な意味合いが強いです。

実はチェストリグ仕立てるの初めてだったんですが、これはかなりカンタンです!!
パターンは定規で一発ですし、ポーチも箱組みですから展開図を書けばOK。

頭の中で漠然と思い描いた工程を、まったくもってそのままこなせてしまい、ある種拍子抜けしました。
ここで声を大にして言わせて下さい服を仕立てる方が10倍大変ですww

今回はデザインコンセプトから割とざっくりした造りになっていますが、例えばこれがLBTの1961位ごちゃごちゃしたリグだったとしても、作業が多少増えるだけで、テクニックよりむしろ反復作業に耐える根気が必要なだけです、たぶん。

今回はデザインから完成まで僅か6時間。初めての作業とゆうことを考えたら、まさにアッサリ完成です。
かなり勢いづいたので笑近日中にもう一本新たにデザインして仕立てようかと思います。
次は、けっこう詰め込んだデザインの物にしようかなと!!

そのうちx115x TAYLOR でチェストリグのオーダーメイドとか受けられたら面白いかなーとも考えています。
需要があるか気になるので興味がある方、とりあえずコメントください。

ではでは皆様ごきげんよう。

  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 03:02Comments(14)MANUFACTURE

2011年03月20日

TRU-SPEC MULTI CAM BDU を カスタム

久々の更新となりました。
まずはじめに東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ問題が山積している状態であると思いますが、東北地方、ひいてはこの国の一刻も早い復興を祈りつつ、募金や節電、過剰な買いだめを控える等、自分に出来ることをやっていこうと思います。

さて、今日は先日作製したTRU-SPECのマルチカムトラウザーのカスタムを紹介いたします。
兎にも角にも山ほどBDUを持っている自分ですが、どうしてもチャレンジできなかったのがマルチカムなんですね、、、

なにか、こう、自分の求める泥臭さみたいなものが皆無な気がしたんですよ、
やたら鮮やかだったり、グラデーションだったり。

所が最近、兵隊さんたちの写真をチラチラ見ているうちにだんだんアリな気がしてきて、遅い遅いマルチカムデビューと相成った次第にございます。
ちょっとお話ずれますが、同じ米軍でも陸軍と空軍だとマルチの着こなし方がまるで違いますよね。


こちら陸の方。ACU MIX なので一層アレですが、、、


こちら空の方。

間違っていたらすみません笑

再現コスはしないのがマイルールではありますが、スタイリング的には空の方々の方が洗練されていて好みです。
陸軍はあのもっさり野暮ったい感じが別ベクトル的にカッコ良いとは思いますが。

そんなこんなで買ってきたTRU-SPECのマルチカムトラウザー。
今回も半分解体の再構築祭りとなりましたが、その模様はいつもとさほど変わらないのでいきなり完成品を披露いたします。



まずフロントから。
懲りずにトラウザーを細くし続けているアノニマスですが、家中のBDUトラウザーをカスタムしまくった結果、ここにきて自分の中での細さの理想的なバランスが見えたような気がします。
今回は僅かな余り生地から太もも前面のポケットを作りました。クレイのコンバットパンツになる前のかたちに似ているかもしれません。



次はサイド&バック。
ひざ下ストレートの効果でひざ位置が自然に見えます。ノーマルBDUですと土管のように太く、股上超深く、それなのに裾までテーパー、更に低いももポケット等、足短でスタイルを悪く見せる要素満載です。
本来戦闘服ですからそんなの関係ないんでしょうが、自分たちはホビーですし、やっぱりBDUだってBDUなりにお洒落に着こなしたいじゃないですか笑


今回のカスタムの実験といいますか遊びは、トラウザーにナイロンのポーチを縫い付けて成立するのか
とゆうテーマがありました。
それがこの左ももに着いたポーチ、TRUのメディックポケットです。極力ゴワゴワしないように一度解体してポーチの背面、モールやらスナップボタンがある面をまるまる取り外して、トラウザーに縫い付けてあります。

ややスリムなトラウザーにボコッと箱のような存在感。狙い通りギリギリでディテールに変化を与えられたと思います。
使いやすさは見るからにまあまあっぽいですね、、、右も合わせてポケット縮小&位置変えしてあります。
さらにこれで浮いたポケット1つ分の生地を大事に使い、もも前面のポケットや裾のベルクロストラップ化が実現しました。

また、今回初めてやってみた裾のベルクロストラップ化はかなり良さそうです。
裾をブーツ越しにしっかり閉じて固定する事で、生地の余り分量がひざ周りに溜まるので、それが足の運動量になって、タイトながら動きやすくなります。
今回のトラウザーはどの写真を見ても全体的にくしゅっとしてますよね、それは裾を固定して布が落ちてこないようになっているからなのです。

で、さらに言うと、なぜくしゅっとしているのが良いのかというと、、
例えばジーンズなんか試着する時に、屈伸するとひざ裏に皺が寄って丈が上がりますよね?あれはひざが動く分の布が運動量として膝の皺になって溜まっているからで、大げさに表現すると蛇腹状になるくらい思いっきり皺寄せたほうが動きやすくはなります。
その膝裏の皺分の布が、常にトラウザーにくしゅっと余っているから動きやすくて良いとゆう事なんですね。
裾のベルクロストラップ化は今後定番化して行こうと思います。

といった所で今回のカスタム紹介は終了です。
このカスタムに勢い付いて、さらにカーキでも同じカスタムを作ったとゆうのはまた別の話、、、

早くゲームに投入してみたいのですがプライベートが転機なもので、次はいつゲームに行けるやら。

本日も長文にお付き合いいただきありがとうございました。




  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 13:38Comments(4)MANUFACTURE

2011年02月18日

SEALs STYLE CUSTOM BDU!!!

今回は丁度注文をいただいたので、x115x MADE で定番になりつつある SEALs STYLE CUSTOM BDU の製作過程を紹介したいと思います。

そもそもなんじゃその眉唾なネーミングはとお思いの方、鋭い!!
まずはミリフォトを見ながら、この手のカスタムBDUをおさらいしてみましょう。

ですがミリフォトそのものが、いつ撮影されたどこの部隊の方なのか、、みたいな所は僕よりはるかに詳しい方がミリブロ内にたくさんいらっしゃると思うので、解説とかしないのでお許しください。
僕が間違ってたらかっこ悪いですし笑

ではでは参ります!


A.二人そろってポケットを腕に移動。
 パッチ用のベルクロは小さめ、ポケット上等にはベルクロ無し。
B.こちらもポケットを腕に移動、やや前目の位置ですね。その上には国旗サイズのベルクロあり。
 注視すべきはお腹のポケット位置!胸ポケと腹ポケの間位の位置に、だいぶ微妙な角度で着いてます。
 そしてジャケットの裾をトラウザーにインしています。




C.こちらも腕にポケット。パッチ用のベルクロはどうやら国旗サイズのみとかなり小さめ
 手首はボタンのままですね。
D.まだまだ腕ポケ。ベルクロ大き目、さらにポケットそのものがかなり傾斜して着いている点に注目



と、、ざくっと流すとこんな感じです。 整理しますと、
<シャツ襟ボタン開閉の旧型クラシックBDUがベース>
<ポケットを腕に移動>
<移動した腕ポケ等にベルクロの追加>
<ジャケットの裾はトラウザーにインすることがある>
<カスタムの方向性に共通点はあるが、同じものではない>

上記のような特徴のあるカスタムBDUをここではSEALsSTYLE CUSTOM BDUと呼ぶこととします。

SEALs等、特殊部隊の兵士が自分の使いやすいように現地で勝手にカスタムしたり、部隊や個人でお直し屋にカスタムオーダーし始めたのが起こりみたいです。
このカスタムを参考に現行のACUタイプが作られたとか、、、そういえばACUタイプのことをカスタムタイプって呼ぶかたもいらっしゃいますね。

ACUタイプの方が後だしジャンケンなわけで、当然機能的には優れているのですが、このクラシックBDUを独自にカスタムしたスタイルが独特のカッコよさを放ってますね。
しかもある程度ディテールに自由度があることから、そこに自分だけのとゆうか、個性あるカスタムにして楽しむことが出来ちゃうのですよ。

これは装備お洒落サンがほおっておくわけがございません!

x115x BOYZ 達も、最初はACUタイプのウッドランドや3Cデザートを着ていたのですが、どうにもこのSEALsカスタムにあこがれて、改めてクラシックBDUを買いなおす事となったのでした。

それがおおよそ1年半前、、
ディテールの試行錯誤や工程の見直し等を経て、今ではx115x Taylor の定番カスタムメニューとなりました。


さあ、はりっきて作業に参りましょう!!

最初にカスタム前!

うーんトラディショナル。
以前ODのジャケットを試着したら、北の将軍様みたいだと友人に笑われた事はここだけの内緒です涙
さておき前面に大集合のポケット群が時代を感じさせます。しかもアーマーの類を身につけた場合、この大集合ポケットは、まったく使用できないですね、、



1.はい!!来ました解体タイム、毎度の事ながら地味に大変です。上が胸ポケ、下が腹ポケです。
 x115x流は胸ポケを腕に移動、腹ポケを胸に移動の二段仕込みです。手間が余計にかかりますが、そのほうが美しいバランスになります。
2.3次はボタン取っ払います。胸&腹ポケ、そして手首ですね。これらは全てベルクロにチェンジします。
 過去に相当量同じカスタムを施したので、余ったボタンが大量にあります笑 けど、なんかもったいなくて捨てられません。



4.続きまして、腕の内側から脇をバックリかっぴらきます。 こうしないと腕にポケットをつける際、ミシンが入らないからです。 解体はここまでです。
5.各所に使用するベルクロをカットします。この時、必ず現物に合わせて切るようにしています。ポケットやその他の寸法が、左右で余裕に8mm位誤差っているからです。 既製服だとこれでは不良品ですが、戦闘服にそんなものは関係ないのです笑
6.ポケット各種にベルクロを縫い付けました。上の胸ポケは腕に移植した際、パッチベースになるように大きくメスのベルクロを縫い付けてあります。



7.本体側にもベルクロの追加をします。まずは袖口。
8.更に肩。一般的な国旗サイズに対応できるよう90×50mmサイズです。この下に胸ポケを移植します。
9.これが好評の第五ボタン下ベルクロ。ジャケットの裾をトラウザーにインして着る場合、第五ボタン下が開きっぱなしだと、ちょっと動くだけでその部分が引っ張り出てきてパックリ開き、お腹だのなんだの色んなモノがチラリズムしてしまいます。 そこでパックリいかないようにベルクロを追加しているのです。
自分たちの経験からのフィードバックですね!




10.いよいよ大詰め、胸ポケを腕に移植です。x115x流はかなり傾斜をつけてポケットを縫い付けます。この方が、反対の手でアクセスする際使いやすいからです。逆にACUタイプの腕ポケ、角度が立ちすぎていて使いづらいと思いませんか?以前サバゲフィールドで食券をしまったら、自力で取り出せなくなった覚えがあります。
11.腹ポケを胸に移植です。あえて外側に傾けて着けます。こうすることでアーマーを着ていても脇から胸ポケにアクセスできます。現在自分は食券とか小銭はここです!!小銭もチャラチャラ鳴らないです。

いよいよ先ほどかっぴらいた脇を閉じて完成です!!



どうです、Beforeと比べてみてください!
全然印象が違いますよね!トラウザーのカスタムの時のようにボリュームを変えることは一切していません。
それでもポケットなどのディテールが変わるだけでこんなにも洗練された雰囲気になるんです。
もはや、やぼったいポケット大集合や将軍様の面影もありません。
ぜひこのジャケットは石田純一先生バリに襟をおったてて着ていただきたいです。
個人的な好みですが。

あとはガンガン洗濯していただいて、いささかヤレてきた辺りが最高にカッコいいと思います。

といったところで今日のカスタム終了です。今回は依頼主様のご要望でかなりベーシックに仕上げていますが、ベルクロをODにしていかにもローカルカスタムってゆう違和感を演出してくれ!とかポケットのかわりに変なポーチを着けてくれとかいろいろ出来ます。


そういえば友人から、匿名3号は話し言葉の雰囲気のまんま文章を書くねと言われました。
はい、その通り僕はこんなような人です。よくよくしゃべります。

なので文章にすると長くなってしまうのです、、
今日もお付き合いありがとうございました。







  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 03:00Comments(4)MANUFACTURE