スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年02月08日

CO主催 CKF!!!

去る2011.01.30 GRIPのN氏T氏に誘っていただき、CO主催ゲームinCKF に参加してきました!


誘ってくださったGRIPのN氏とT氏。ガチ盛りACU装備が眩しいです。

参加者は30数名、僕は今回x115xではなく、地元の友人とサバゲ仲間を連れて参加しました。


今回の僕らのドレスコードは伝統的非正規迷彩デザートタイガー!
約1名PMC風なのは、ゲーム直前に駆け込んだお店でBDUが運悪く品切れ中だった為、、
4名は僕がカスタムしたジャケットを着ています。 詳しくはまたの機会に!

ゲームは13:00スタート、20:00終了と変則的な時間帯でしたが、この時間枠、モノ凄くいいですね
朝は(とゆうか昼前)余裕の集合時間、帰りは渋滞知らず!!
しかも後半暗くなってきて17:00頃からは夜戦が楽しめちゃいます。
したたかな匿名3号小隊は、ちゃっかり夜戦対応に全員ライトを持ち込みました。



COの皆さんと。
呼んでいただいたのに集合写真のどセンターに陣取ってしまった匿名3号小隊、事故です笑


装備好きミニ集合写真。 タスクフォース感でてるでしょうか?CCTのお二人カッコ良かったです。
しかし僕、小さいですね、、、


こちらは暗くなってからの一枚。逆光プラスヘルメットライトで照らしながら撮った所、なかなか雰囲気のある写真になりました。


今回の匿名3号のスタイリング。あまり(装備を)盛るなとx115x のチームメイトTakumaに言われますが、小柄なので相対的にちょっと装備するだけでモゴッとしてしまうのが悩みです。Takumaは身長180cm後半、僕は160cm前半。同じ装備をしてもボリューム感が全然違います笑




ゲームは終日セミオート限定。フラッグ戦をウォーミングアップに、その後は大将戦、バトルロワイアル戦センターフラッグ戦 等志向を凝らしたゲームがいっぱいで、x115x主催のゲームでも見習わなくてはいけないなーと。

中でも自分的にベストバウトだったのはバトルロワイアル戦で、つまりいきなり全員敵ゲームです。
まずみんな一人一本づつリボンが配られ、フィールドインします。
二分後にゲームマスターのコールで開始。CKFに30名オーバーなのでお互いが安全な距離や場所を取れず、あわてふためきます笑

ヒットされた人は、配られたリボンをその場に置いて退場します。
15分後のゲーム終了時に生き残った猛者で、このリボンを一番たくさん集めた人が勝者です。

僕は僕に背中をあずけた地元の友人のケツを、開始5秒後に迷わず撃ちました。ごめん。一応エアコキで、、

COさんのゲームでココが旨いな!と思ったのは、5分後にリボンを1本(つまり最初に配られた分)しか持っていない人は時間切れヒットしてしまうとゆう時限ルールを追加した所です。

こうなるとただひたすら隠れているだけでは時限ルールでヒットしてしまうので、否応なくリボン回収に動かなくてはならなないのです。

自分が運よくヒットを取っても、そのリボンを回収にいくのはかなりリスキーで、逆に近くで誰かヒットされたら、誰が撃ったかおかまいなしにリボンをひったくり(ひろって)逃げます。なんか姑息です。
でもそれが人生いえ、ゲームです。

「残り2ふーん!!」ゲームマスターの声が響きます。

僕はまだ、生きていました。目の前で散った友人達のリボンをかき集め、ホテルの二階に隠れて震えていました。

握り締めるリボンは6本。それは勲章か、なくしたトモダチの数か、、

もう銃声止んでいた

後何人生存者がいるのか、、、それぞれ何本リボンをもっているのか、、

ホテルの窓から見下ろす十字路に、リボンが3本まとめて落ちてる、、あれは欲しい!!

しかし誰かもアレを狙ってるかもしれない、もしかしたらあのリボンを回収しに来た愚かな獲物を、どっかでスナイパーが狙っているかもしれない、、

さあ、どうする、、、


「残り30びょーー!!」ゲームマスターの声がまた響く

僕はまだ決心がつかず、ホテルの二階でモゾモゾしていた、、

「10-!9-!8-!」

やばい時間が切れる
その瞬間ホテルの脇に人影が、、、、

とにかく夢中で引き金を引くも、人影は消えてしまった

「しゅーりょー!!!!!」

結局最後まで生き残っていたのは、僕とその人影の主、二名だけ。

僕は結局6本のまま、その人は12本!!ダブルスコアで完敗です。
二等賞としてCKFハイネックカットソーをいただきましたw

ちりちりと喉が乾くような緊張感とゆうか戦慄にどっぷりハマりました。
そして、僕にケツを撃たれた地元の友人からは、一発くらい撃たせろと抗議をうけました。

小話はさておき、一日を通してテンポの良い仕切りで、怪我無し ヒマ無し モヤモヤ無しのとても楽しいゲームが出来ました。
COの皆さん、誘ってくださったGRIPのT氏とN氏 ありがとうございました!!

是非また参加させてください!!

  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 01:07Comments(4)SURVIVAL GAME