スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年05月27日

XP10 PLATE CARRIER



どうも毎年五月は体調がすぐれない、どうもアノニマスでございます。

久々に新製品と申しますか、とびっきりの一着をぶっこみ気味にご紹介させていただきます!
自らミシンで装備品を作り始めてからかれこれ6年位になるのですが、その間それはもう数え切れない位のアーマー類を製作してまいりました。

チェストリグも大好きで死ぬほどたくさん縫いましたが、リグは基本的にはエプロン的なものの延長線上にあるものです。
アノニマスの主観ですがリグの引き算的究極は56式弾帯、足し算の究極はLBT1961とそれぞれ結論が出てしまっている部分がありまして、
デザイン的に56式と1961の間のどの辺りに着地するか?みたいなところが殆どなのです。

しかしながらアーマーは構造的にもデザイン的にもまだまだ進化する余地が残っておりまして、近年ではS&Sプレシジョンという米メーカーが
プレートフレームなるカイデックス(ざっくりいうと樹脂)製のフレームに防弾プレートをはめ込んでそれをハーネスとカマーバンドで体にのせるとんでもないアーマーを製作しております。



こちらがそのプレートフレームです。
あふれ出るSF感ですが、ちょいちょい米軍にも納入?されているようで、兵隊さんが着ている写真もちらほらと見かけます。
このプレートフレームをはじめてみたときのショックは相当なもので、ある種のトラウマです。
まずカッコイイですよね凄く!うわ未来キターーー!!!こんなのありなのかーーー!
ただこれ衝撃的なことに気づいたのですが、つくるのにミシン要らないんですよねほぼ、、
生産効率も高そうです。機械でカットしたカイデックスを熱してひん曲げて、肩と脇のストラップつけるだけです。

こんな新しい発想で、ものすごいアーマーをS&Sプレシジョンは生み出してきました。
このプレートフレームによって、「プレートキャリアはこうでなくてはならない」というある種の呪縛から開放されたようなところがあります。
実際プレートフレームの亜種のようなものを作り出す新興メーカー等も現れているようです。


ではではx115xTAYLORには何がでるでしょうか?
布でなくては成立できない、布だからできるデザインを。
日本人だからこそ、職人でデザイナーなx115xTAYLORだからこそできる繊細で綿密なデザインを。
技術的に可能な事、デザインのために必要な工程をすべて詰め込んで今できるベストなプレートキャリアを作りたい!
そういった飢えからアノニマスはプレートキャリアを仕立てました。
それが本日ご紹介させていただくXP10です。





上記のような経緯からあふれ出るクリエイション欲求だけをぐいっと形にして生まれたXP10、最初は完全なるコンセプトモデルな予定でした。
おりしもちょうどARMS誌ライターのGHOST IN THE DARK氏のプライベートイベントPlastic Flower VOl.1に参加させていただく機会があり、せっかくなのでこの場を借りてx115xTAYLORの新しい世界観をお披露目させていただこう!!と思い立ちましてファッションショーに出るような気持ちでバージョン違いのXP10を3着用意して持ち込ませていただきました。

ここでGHOST氏にこのアーマーを大変気に入っていただきまして、なんと氏がアームズマガジンで連載されている「水崎綾女の特殊作戦記録」
のページにて、女優 水崎綾女さんのスタイリングにこのXP10を取り入れていただける事となったのです!!急遽新たに水崎さん使用を仕立てました!
うーんドラマティック!!



それがこちら!大変光栄です。

さらにVショーにPlastic Flower VOl.1の撮影で使用したXP10を持ち込んだところ想像を超えるご注目をいただきまして、1着その場でお嫁にもらっていただきました。
一目ぼれでお買い物いただくにはあまりにも高価ではございましたが、それでもほしい!と言っていただいたお客様に販売させていただきました。これは本当に嬉しく、励みになりました。

さらにブログを見ていただいたお客様より数件のオーダーが入りまして、追加生産する必要がでました。
そこで受注分に対して余分に1着多く仕立て、この1着を改めまして弊社オンラインショップにて販売させていただく事にいたしました。




x115xTAYLOR製
XP10 PLATE CARRIER FULL KIT[AN3 SETTING]
MULTICAM BLACK500D×BALLISTIC NYLON1050D
専用スイマーカットダミープレート付属 SM兼用サイズ
¥108.000 限定1着!頑張って仕立てました!!
できること、やりたい事は全部やらせていただきました。x115xTAYLORの魂、入ってます。



それでは細部を見てまいりましょう!!



こちらがXP10 PLATE CARRIER[AN3 SETTING]の全パーツでございます。
非常にコンパクトにパズルのように組み合わさって一塊になりますが、じつはかなりのパーツ点数です。
前面・背面・ショルダーストラップ・カマーバンド・腹部ユニットが超モジュラー化してあります。
[AN3 SETTING]としたこのキット以外にも各ユニットを違うものに置き換えてさまざまな仕様が生み出せそうです。




まずはフロント&バックユニット。
特徴的な切り欠きからスイマーカットが覗く、XP10のアイコン的部分です。
プレートを抱きかかえる部分は1050デニールバリスティックナイロンとパッククロスをレイヤーしたパーツです。
フロントユニットには胸部の2箇所のループを介して腹部のベルクロに貼り付ける方式で、各種マガジンポーチユニットが接続できるようになっています。
また、カマーバンドを接続する方法も一般的なベルクロ貼り付け式ではなく、ITWのファステックス(バックル)式といたしました。
べりべりと音を出さずにパチっつ!しゅ!!と脇が左右とも開閉します。

バックユニットはこれまた特徴的なエラスティックドローコードのネットを配しました。



このバックユニットのエラスティックドローコードにガスマスクやヘルメットなどをひっかけて携帯する事もできます。






フロントおよびバックユニットは内側部分センターのメッシュで通気性を確保しつつメッシュをはさんだ左右のスペースにクッションフォームを内蔵しています。このクッションフォームに表側からプレートを押し付けて、クッションフォームにプレートが半分めり込んでいるような状態で保持されます。体に直接プレートを押し付けないので着心地はとても快適です。







肩口は左右ともコブラGTバックルで接続します。軽量でクイックかつサイレントなリリースが可能です。
脱ぐとき、着るとき、利き手を選ばずとっても便利!
また、肩口をかなり内側によせて設計しております。肩の稼動範囲をかなり大きく取れると共にライフルのストックをしっかり体に当てて構える事ができます。

余談ですが
海外製プレートキャリア特にCRYE社JPCなどは肩口の開き(角度と位置)がとても大きく標準的な体系の日本人では肩からストラップがずり落ちそうになってしまう事が多々あります。さらにバンザイすると肩に引っ張られてアーマー自体がずり上がってしまったりもします。
JPCは180cm強のごっつい兵隊さんがコンパクトに着るために設計された(と思われる)ものなので日本人の肩にフィットしづらいのはいたし方がないところではございますが、、





お次はマガジンポーチユニット!
本キットではAR系マガジン2本と9mm系ピストルマガジン1本をオープントップで保持できるタイプのものを製作いたしました。
ARのマガジンポーチ、リップ部分が台形にせりあがっておりますが、これちゃんと意味がございます!

一般的にオープントップのマガジンポーチはすばやく片手でマガジンをドロウできてとっても便利ですが、、
片手でさくっと戻せる(挿せる)ポーチとなるとなかなか無いですよね。マガジンを挟むテンションが強すぎたり、バンジーコードが邪魔だったり、、
x115xTAYLORでは空マガジンは戻せるときはポーチに戻すスタイルを推奨しておりましてその為にも片手でしゅっと戻せるポーチが必要で
研究した結果このような独特な台形にせり出したリップをもったポーチ形状になりました。




このマガジンポーチの台形のリップ部分にマガジンの頭を添えて、そのまま押し込みながら滑り込ませる事でしゅっとマガジンをポーチに戻せます。
慣れれば視線を落とさず華麗にノールックでマガジンをポーチに戻せちゃいます。
またマガジンポーチにはエラスティックドローコードによるテンション機構がついておりますが、このテンションがマガジンを戻す際に引っかかりを生まないよう、ポーチの表面に樹脂製のシートを縫いこんであります。
エラスティックドローコードは樹脂シートを介して面でマガジンを抑えているのできつすぎず、ゆるすぎない絶妙なテンションでマガジンを保持できます。
一見地味ですが、このマガジンポーチ超イイです。










マルチコンパートメントポーチは左右脇部分に設置するポーチです。
PRC152やアンダーマウントライト付のグロック級ピストルが納められます。
もちろんそれらより小さいマガジンなども収納可能です。

メインの腹部マガジンポーチユニットはコンパクトさを優先してAR2本のみと少ない為、携帯マガジン本数を増やしたい場合はこの両脇にもマガジンを収納する事ができます。




市販の6×6サイドプレートが収納可能なポーチです。
プレートの上端3/1ほどが露出するのがデザインの特徴となっております。
※製品にはサイドプレートは付属いたしません。ご自身でご用意ください。









シンプルかつ軽量なXP10専用のカマーバンドです。
このカマーバンドにマルチコンパートメントポーチとサイドプレートポーチをセットする事ができます。
もちろんそれらを使用せず極軽量なセッティングにもできます!
ベルクロ式にてサイズ調節機構を備えています。







ショルダーパッド
切り欠きのあるハイパロン素材を使用した特長的なショルダーパッド。
内部にクッションフォームを内蔵し肩にかかる負担を軽減します。
切り欠き部分に引っ掛ける事でラジオのアンテナやケーブル、ハイドレーションチューブなどの固定が行えます。










はい、、あふれ出すパッションを文字にして細部の細部までご説明させていただいたところ、久々の長文大作ブログとなってしまいました。
お付き合いいただきました皆様、誠にありがとうございます。

こんなに熱く思いのたけをつづったXP10ですが、在庫が1着しかないのです。とてもたくさんは作れません。

デザインも仕様も価格も、万人に認めていただけるものではないかもしれません。
それでもなお、XP10にびびっときた貴方、そんな貴方のために仕立てた技術とデザインの粋でございます。

x115xTAYLOR渾身のアイテムをお手にとっていただけましたら幸いでございます。

ご購入は弊社オンラインショップstudio-AN3まで
※すぐにオンラインショップにアップしようと思ったのですが、ショップがメンテナンス中でした、、27日の夜にショップにアップできるように頑張ります。

空も明るくなってまいりました。

本日も長文にお付き合いいただきありがとうございました。
それでは皆様良い一日を!!ごきげんよう!


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 04:26Comments(5)MANUFACTURENEW PRODUCT

2016年05月25日

オンラインショップがオープンしました!!!



皆様お久しぶりでございます。
365日が夏休みの最終日!宿題祭り真っ只中のアノニマスでございます。

ブログがオープンしてから何年たったでしょうか、、常々皆様より
「何が在庫があるのかわからない」
「どうやって注文するかわかりずらい」
とお声をいただいておりましたx115xTAYLORでございますが、遂にオンラインショップがオープンいたしました!!!

ちなみにx115xTAYLORは「いちいちごていらー」と読みます。声に出して読みますと、心なしかフルーティです。

studio-AN3
http://studio-an3.shop-pro.jp/

基本的に在庫があるもののみを掲載させていただいておりますので、ご注文いただけましたら比較的早くお届け可能でございます。
しかしながら、弊社アトリエでも店頭販売させていただいておりますので、在庫数に若干の誤差が生じてしまう事がございますので何卒ご容赦くださいませ!

お支払い方法はカード決済等も導入予定ですが、現在は銀行振り込みのみとなっております。

sneak hoodも数着追加生産してオンラインショップにアップしてありますので是非に!


  


Posted by ANONYMOUS No.3  at 12:27Comments(1)OTHER