2017年11月13日

新製品情報!!!

66-01

お久しぶりでございます!!
Vショー出店後謎の高熱に伏しながらも、久々のブログ更新作業を行っております!!
薬が効いている数時間が勝負です笑
今回は久々の新製品情報でございます!!


一発目はこちら!!弊社の堅実系ロングセラープレートキャリアP642がGEN3にバージョンアップされて新発売です!!
66-11

x115xTAYLOR製 manufacture by tokyo!!!
P642 PLATE CARRIAR GEN3
MULTICAMBLACK 500D
MULTICAM500D
RANGER GREEN 500D
COYOTE BROWN 500D
BLACK 500D
¥40.320

ご注文はこちらから!弊社オンラインショップ STUDIO-AN3


x115xTAYLORはプレートキャリアとチェストリグが2大得意アイテムなのですが、最高のプレートキャリアを作りたいがためにx115xTAYLORを始めた位ものすごくプレートキャリアへの思い入れが強いのです。
研究の為解体したり仕立てた数も尋常ではありません、記録をしっかりとっていないので正確なところはわかりませんが私アノニマス一人であれこれ色々なバージョン違いのものを200オーバー位は余裕で仕立てていると思います。弊社の職人達も合わせればもっとすごい量になると思います。
そんな中で、培ったノウハウを注ぎ実用性と価格と性能のバランスを重視し、デザインされているのがP642プレートキャリアです。
実際、シンプルでありながら必要な要素をしっかり抑えたP642はエアソフターよりむしろプロフェッショナルな方々からご注文や評価をいただく事が多く、特別なモデルを含め相当数を「お仕事」向けに使っていただいております。
P642のデビュー自体は数年前になりますが、それから熟成を重ね今回GEN3(第3世代)モデルへとバージョンアップされました。

早速細部をご紹介してまいります!!

66-07
パーツ構成/セット内容
・P642フロントパネル
・P642バックパネル
・マガジンポーチユニット
・ナローカマーバンド
・サイドパッド
・XP10タイプショルダーパッド

・専用Sサイズダミープレート
と、組みあがっているとピンとこないのですが実はかなりパーツ点数がおおいアイテムなのです。
同価格帯の他社製プレートキャリア(例えばCRYE-JPC1st)に比べてもかなり充実している内容です。
実はその分弊社製品の中でもトップクラスに利益率がよろしくないモデルなのですが、弊社渾身の一着を一人でも多くの方に使っていただきたい!!という思いからお値段をぐっと抑えてリリースさせていただいております、、




66-02

GEN3へのモデルチェンジ箇所はショルダーパッド/ナローカマーバンド/サイドパッドの3点です。
これによってGEN2からシルエットががらっと変わりシャープでボディコンシャスな印象となりました。
特に脇部分のスッキリ感が際立ちます。
この脇部分のカマーバンドのナロー化は、最近一部のメーカーで取り入れ始められています。

66-03

LBT6094やEAGLEのCIRASあたりが主流だった頃はプレートキャリアの脇までびっしり活用し、防御とロードキャパシティを限界まで
プレートキャリアに集中するセッティングが主流でした。が近年、ベルトキットをファーストラインとして構築してロードキャパシティを分散配置するセッティングが主流になってきたました。
さすがの筋骨隆々な兵隊さんもアーマーだけに全盛りは重かったのかもしれません、一箇所が重いと動く上で体のバランスも悪くなりそうです。

うかがい知れるかぎりの最新のセッティングでは、ベルトキット側にセカンダリーのホルスター/メディカルキット/ツールキット/セカンダリーとプライマリーのマガジン各1~2本/ダンプポーチ等結構なロードをセッティングする事が主流となってきているようです。
(米軍のお話です。でもこういったセッティングをしているのは特殊部隊っぽい人の写真が大半のように見えます。陸軍一般や海兵隊一般にはまた別のドクトリンがあるのかもしれません)
そうすると逆にプレートキャリア側はかなりスッキリしてきます。

66-04

プレートキャリア側のロードキャパシティがベルトキットに移行して、それほど大量のモール面積が必要なくなったと同時にそもそもカマーバンド
自体がもっさりしすぎてベルトキット側を活用する上で邪魔になってきた事が、ナローカマーバンド化の原因ではないかと自分は考えております。
P642もGEN3ではベルトキットとの併用を想定して、脇超スッキリ仕様のナローカマーバンドとしました。
とはいってもちゃんと2段分のモールを確保しておりますので、脇に取り付けるであろうポーチ類は十分しっかり保持できます。
この2段のモールでサイドプレートポーチなども保持できますので脇部の防御付加も問題なく行えます。



P642シリーズの特徴といえるタイトめな首周り。
ライフルをかまえる際に、ストックをしっかり体に当てることができます。
GEN3で新たにXP10仕様となったショルダーパッドも特徴的です。
このXP10ショルダーパッドは内部にクッションフォームを備え、CRYE JPCのショルダーストラップにも使用されているハイパロン素材を使用しています。
ハイパロン部分の切り欠きを利用してラジオの配線やアンテナを保持したり、ハイドレーションのチューブを固定したりする事ができます。
デザイン的にも特徴的ですが、機能とデザインがマッチした非常に高機能なショルダーパッドです。


66-06

こちらは背面。前傾姿勢をとっても首の稼動域をしっかり確保できるよう計算して首周りを設計してあります。



66-09

66-10

ベルトキット(参考品)とのセッティング例。
ご覧の通りベルトキットのポーチやホルスターにアクセスする際、かなり空間的余裕があることが見て取れます。
バリケード越しに状態を左右にスイングするような動きをする場合もかなり体の自由度が高そうです。









コレがあれば貴方のP642もGEN3仕様に!!


x115xTAYLOR製 manufacture by tokyo!!!
GEN3 UPGRADE SET
MULTICAMBLACK 500D
MULTICAM500D
RANGER GREEN 500D
COYOTE BROWN 500D
BLACK 500D
¥17.280

既にP642(GEN1/GEN2)をお持ちの方のためのアップグレード用セットです。
ナロータイプカマーバンド/サイドパッド/XP10ショルダーパッドのセットでパーツを組み替える事によって無加工でP642にとりつけることができます。
またCRYE JPCにも組み付けて使用することができます。

ご注文はこちらから!弊社オンラインショップ STUDIO-AN3







あの伝説のアイテムにあこがれて、、C15ベースで限定生産したカスタムチェストリグ!!
66-14


x115xTAYLOR製 manufacture by tokyo!!!
C15CHESTRIG SF CUSTOM
WOOD LAND 1000D
¥34.560

装備好きな方は見ただけでピンときてしまう、伝説のアイテムAWS社製 通称SFチェストをオマージュしたカスタムチェストリグです。
弊社C15をベースとしており、どでかい本家に比べてかなりコンパクトにまとまっております。
C15譲りの左右ラジオポーチはグレネードポーチを追加!ラジオポーチ部分は簡易的にホルスターとしても使用できます。
ショルダーストラップは本モデルだけの特別設計とし、内部に5mm厚のクッションシートを縫い込んでのっしりとしたオールドテイストあふれる仕様!!

ご注文はこちらから!弊社オンラインショップ STUDIO-AN3

66-12

66-13

66-15

メインの3連ポーチは1ポケットに対してARで2本/AK系1本/G3・SCAR-H・HK417等も1本ずつ収納可能となっております。
ライフル系のマガジンはだいたいなんでも収まるサイズに設計してあります。
さらに各メインポーチ上に2連のピストルマガジンポーチをレイアウトし、最大でピストルマガジンを6本も携帯できちゃいます。
完全にアノニマスの趣味で仕立てたアイテム、びびっときた貴方様いかがでしょうか。






66-16

x115xTAYLOR製 manufacture by tokyo!!!
"GANTLET" SHOT SHELL/ GLOW STICK HOLDER
BLACK
MULTICAM BLACK
RANGER GREEN
COYOTE BROWN


ガントレットはショットシェル(12ゲージ/マルイエアショットガンシリーズ対応)やグロウスティックを保持するアームバンドです。
通常利き腕側に装着します。
バンド部分はテンションを調節可能なエラスティック(ゴム)バンドとなっており、お好みの装着感を作る事ができます。
ショットシェル6発/グロウスティック3本保持可能。
内側部には3mmのフォームメッシュを使用しある程度の通気性を確保しております。
また、内部に5mm厚のやや固めのウレタンシートを内蔵し、型崩れを防止しております。シェルなどの重みでホルダーがだれません。
曲線的で角のないデザインとし、装着時に角部分が腕に当たるような不快感をなくしつつ、前腕をカッコよく見みせます。

ご注文はこちらから!弊社オンラインショップ STUDIO-AN3



66-17

元は弊社が雑誌撮影用に製作したアイテムでしたが、今までにないビジュアルから製品化のリクエストをいただくことも多く、撮影用アイテムを改良して遂に販売させていただく準備ができました!!
サイリウムやショットシェルを携帯することができますが、最大の機能は、<凄くカッコイイ!!>という事でしょうか。
銃をかまえた腕になにやら見慣れぬ小手、、地味に目立つ事うけあいです笑

66-18






本日は久々の新製品をご紹介させていただきました!!

長文にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました!
書いている間に薬が切れて熱でへべれけですが、久々にブログ更新できてよかった、、

それでは皆様ごきげんよう!!よい一週間を。












同じカテゴリー(NEW PRODUCT)の記事画像
2017年2月アイテム再生産情報!!!!
LAP PANEL CLONE MODEL発売!!!
名古屋V-TWIN SHOW 出店いたします&新製品情報!!
新製品情報!!
XP8 PROTOTYPE 放出!!&再販製品インフォメーション!!!
新製品 HIGH LEG MAGAZINE POUCH発売!!!!!
同じカテゴリー(NEW PRODUCT)の記事
 2017年2月アイテム再生産情報!!!! (2017-02-10 04:17)
 LAP PANEL CLONE MODEL発売!!! (2016-11-22 00:42)
 名古屋V-TWIN SHOW 出店いたします&新製品情報!! (2016-10-28 14:04)
 新製品情報!! (2016-09-15 04:10)
 XP8 PROTOTYPE 放出!!&再販製品インフォメーション!!! (2016-06-28 01:48)
 新製品 HIGH LEG MAGAZINE POUCH発売!!!!! (2016-06-09 04:25)

Posted by ANONYMOUS No.3  at 00:04 │Comments(0)NEW PRODUCT

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。